2022.3.29

料理の基本!「薄切り」ってどんな切り方?

薄切り野菜の食感がおいしい!おすすめレシピ

ここからは、薄切りにした野菜の食感を活かしたレシピをご紹介します。切り方を少し意識することでおいしく仕上がりますので、ぜひ作ってみてくださいね。

新玉ねぎのしょうゆマヨ和え

新玉ねぎを生食で楽しむなら、繊維を断ち切るように垂直に切るのがおすすめ!水に5分ほどさらすことで、ほどよく辛味が抜けて食べやすくなりますよ。薄切りにした新玉ねぎをしょうゆとマヨネーズで和えただけですが、仕上げのかつお節とのりがアクセントになり、おいしくいただけます。

大根の生ハムドレッシングカルパッチョ風

生の大根は薄切りにしてもおいしくいただけますよ。お皿に薄切りにした大根を並べ、生ハムのドレッシングをかけてカルパッチョ風に仕上げた一品です。旨味と塩気のある生ハムは、淡白な味わいの大根とよく合います。大根の繊維を断ち切るように切っているので、やわらかい食感で食べやすいですよ。

タコときゅうりの三杯酢和え

歯ごたえのよいタコと薄切りにしたきゅうりを使った酢の物です。薄切りにしたきゅうりを塩もみして、水気をしっかり絞ることで調味料がよく馴染みますよ。酸味の効いたさっぱりとした味つけは、箸休めにも、お酒のおつまみにもぴったりの一品です。

たっぷり3種のきのこでガーリックバターライス

3種類のきのこをたっぷりと使った、ガーリックバターライスのご紹介です。ニンニクを薄切りにすることで存在感が出て、香りとともに食感も楽しめます。定番の肉料理と合わせるのはもちろん、これ一品で食べてもおいしいですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

正しい切り方を身につけて、おいしく味わおう!

いかがでしたか?普段から何気なく行っている薄切りですが、切り方ひとつで味や食感が変化するとなると、注目すべき工程ですよね。特に玉ねぎや大根などは、その違いがわかりやすい野菜なので、料理に合わせて切り方を変えてみてくださいね。

クラシルでは、薄切りにした野菜の食感や味わいを活かしたレシピをたくさんご紹介しています。お気に入りレシピを見つけて、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ