2020.1.15

【牛乳】を料理に活用!絶品アレンジレシピ14選

お肉がホロホロ!コムタンクッパ

コムタンとは、牛の肉や内臓を長時間煮込んで作る、韓国を代表するスープ料理です。今回は、韓国料理に欠かせない牛肉だしの粉末「ダシダ」を使用していますが、鶏ガラスープでも代用出来ますよ。じっくり煮込んだ牛肉はホロホロとして柔らかく、濃厚な牛乳とよく合います。スープが染み込んだごはんも絶品ですよ。

牛肉は、具材や調味料と合わせる前に、サッと下ゆでしておきましょう。下ゆですることで余分なアクが出て、さっぱりとした牛肉になります。また、生姜と長ネギがたっぷり入っているので、牛肉の臭みも消してくれますよ。

苦味をアレンジ!ピーマンのポタージュ

苦みのある野菜の代表ともいえるピーマンを牛乳と煮込み、優しい味わいのスープに仕上げました。ベーコンも加えることで塩気がプラスされ、おいしさのつまったスープになります。しっかりゆでてからミキサーにかけるため、ピーマン特有の苦みもありません。

ピーマンと玉ねぎは、早く柔らかくするために細かい細切りにしています。ベーコンも一緒にミキサーにかけて、塩気と肉のコクをさっぱりとした野菜の味と融合させましょう。お好みのなめらかさになるよう、ミキサーにかける時間は様子を見てくださいね。

とろ〜り食感がクセになる!かぶのポタージュ

牛乳とかぶの濃厚さが合わさって食べ応え満点のポタージュです。かぶは電子レンジで加熱しておくことで、簡単にトロトロの食感を生み出すことが出来ます。みそを入れることで奥深いコクがプラスされ、やさしい味わいのスープに仕上がりますよ。

かぶはゆでると柔らかく、ミキサーをかけるとすぐに形がなくなるため、カットの際は大きめに切っても問題ありません。また、今回は顆粒だしを使い手軽に作っていますが、昆布だしを使用するとより深みのある味わいになります。

人気のカテゴリ