2021.9.28

「キャベツがいつも余りがち…」たっぷり味わえる“キャベツ”レシピ5選

一年を通してスーパーで手軽に購入できるキャベツ。丸ごと買ったはいいものの、なかなか使い切れない!なんてこともありますよね。

今回は、そんなときにおすすめの、キャベツをたっぷり味わえる使い切りレシピをご紹介します。豪快にキャベツを丸ごと調理する蒸し野菜鍋や、ツナソースでいただくキャベツのグリルなど、キャベツの甘みを存分に引き立たせた絶品レシピをピックアップしました!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.キャベツが沢山食べられる 豚バラポン酢ガーリック炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

キャベツがたっぷり食べられる、豚バラポン酢ガーリック炒めのレシピです。一口食べれば、豚バラ肉のジューシーさが口いっぱいに広がる一品。みずみずしいキャベツと一緒に食べると、口のなかがさっぱりとしていくらでも食べ進められますよ。ポン酢の爽やかな酸味とニンニクの香りが食欲をそそります。濃い目の味つけで白いごはんはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりですよ。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・200g
  • キャベツ・・・250g
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • ポン酢・・・大さじ2

作り方

1.キャベツは細切りにします。
2.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
3.ボウルに移し、すりおろしニンニクを入れて混ぜ合わせます。
4.スキレットを強火で熱し、サラダ油をひき、1を入れて炒めます。しんなりしてきたら縁に寄せます。
5.空いた中央の部分に3を入れて強火で炒め、豚バラ肉の色が変わったら(A)を入れて火が通るまでよく炒めます。
6.火から下ろし、ポン酢を回しかけたら出来上がりです。

2.アンチョビキャベツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

アンチョビキャベツのレシピをご紹介します。熱を加えて甘味が増したキャベツが塩気の効いたアンチョビと絶妙にマッチし、思わず箸が止まらなくなるおいしさです!やわらかいキャベツとカリカリのベーコンビッツの食感のコントラストも楽しめますよ。副菜としてだけでなく、お酒のおともとしても喜ばれるメニューです!

材料(2人前)

  • キャベツ・・・250g
  • アンチョビフィレ・・・2枚
  • ニンニク・・・1片
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1/3
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/3
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • ベーコンビッツ・・・小さじ2

作り方

1.キャベツは一口大に切ります。
2.アンチョビフィレとニンニクはみじん切りにします。
3.中火で熱したフライパンにオリーブオイルと2を入れて炒め、香りがたったら1を加えてさらに炒めます。
4.キャベツがしんなりしたら、(A)を入れて中火でさっと炒め、火から下ろします。
5.器に盛り付け、ベーコンビッツをかけて完成です。

3.大量消費に ツナソースでキャベツのグリル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

見た目のインパクト大!キャベツのグリルのレシピです。キャベツはオーブンでじっくり焼いて、甘みと旨味を引き出しています。ツナの旨味とヨーグルトのほどよい酸味が効いたツナソースは、まろやかさがクセになる味わい。濃厚なソースと淡白なキャベツが相性抜群で、あとひくおいしさですよ!

材料(2人前)

  • キャベツ (250g)・・・1/3個
  • EVオリーブオイル・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1/4

-----ソース-----

  • ツナ油漬け (1缶・正味量)・・・70g
  • マヨネーズ・・・大さじ3
  • 無糖ヨーグルト・・・大さじ2
  • ピンクペッパー・・・適量

作り方 準備.オーブンは200℃に予熱しておきます。
1.キャベツは4等分のくし切りにします。
2.クッキングシートを敷いた天板に1をのせ、はけでEVオリーブオイルを塗り、塩をまんべんなくまぶし、200℃のオーブンで焼き色がつくまで8分程度焼きます。
3.ボウルにソースの材料を入れ、よく混ぜ合わせます。
4.2を器に盛り付け、3をかけ、ピンクペッパーを散らしたら出来上がりです。

人気のカテゴリ