最終更新日 2022.6.20

【ゴーヤ】を使ったレシピ15選|苦味を抑えるコツもご紹介!

シャキふわプリッ!食感の違いが楽しい炒め物

ゴーヤの緑、卵の黄色、エビの赤、と彩りがとても華やかな一品です。ひとくち食べると、シャキシャキ、ふわふわ、プリプリとさまざまな食感を楽しめます。味付けは鶏ガラスープと料理酒でシンプルに仕上げました。これだけでもおいしいですが、ニンニクをプラスするとパンチが効いて、さらに食欲をそそりますよ。

卵は電子レンジで加熱すると時短になります。加熱時間は機種によって異なるので、様子を見ながら調節してくださいね。フライパンに入れたときに少し熱が入るため、加熱しすぎると出来上がりが固くなってしまいます。半熟程度を目安にするといいですよ。

ダシいらず!旨味たっぷり卵焼き

次にご紹介するのは、お弁当やおつまみにぴったりの卵焼きです。粗みじん切りにしたゴーヤを、卵に混ぜ込んで焼きました。緑が映えて見栄えもバッチリ!ツナの旨味をゴーヤの苦味が引き立ててくれるので、一口食べるとくせになる味わいです。

ツナの油漬けをダシ代わりに使っているので、味付けはみりんのみ。甘みを控えたいときはみりんをいれなくても十分おいしいですよ。粉チーズでコクをだしてもいいですね。ツナ缶の塩分はメーカーによって異なるので、塩加減はお好みで調整してくださいね。

定番だけどハマる!ゴーヤチャンプルー

ここからは、ゴーヤを使った定番料理であるチャンプルーを一気にご紹介していきます。チャンプルーは具材を順番に炒めていくだけなのでとっても簡単。今回は豚バラを使用してシンプルに仕上げました。豚バラの脂の旨味がゴーヤの苦味とよく合い絶品です!

味付けはめんつゆを使用しています。ダシが入っているので、簡単に味が決まりますよ。豚バラ肉の代わりに、ポークランチョンミートや魚肉ソーセージでもおいしいですよ。ぜひお試しください。

人気のカテゴリ