2019.5.28

まろやかなコクを活かしたバリエーション!シチューアレンジ5選

クリームシチューは日本の洋食料理

シチューはもともと、肉や魚を出汁やソースで煮込んだ料理の総称のことです。クリームシチューはホワイトシチューとも呼ばれ、牛乳に小麦粉を加えてとろみをつけているのが特徴です。海外でも牛乳を使ったシチューはいろいろありますが、このようにとろみをつけたシチューというのは珍しいものだそうです。

クリームシチューというのは、日本特有の料理でその名前は和製英語でもあります。そのため海外では、クリームシチューは「日本の洋食料理」という位置づけで紹介されています。今回はほっこり美味しいクリームシチューのアレンジレシピを5つご紹介します。

白みその甘みが優しい味わい!里芋のクリームシチュー

まずは和風クリームシチューのご紹介です。基本的なクリームシチューはジャガイモを使うことが多いですが、こちらのレシピではねっとりした食感の里芋を使っています。鶏肉には薄力粉をふると、ジューシーな味わいが楽しめますよ。牛乳に白みそを加えるのは意外かもしれませんが、濃厚なコクのある甘みが出てクセになること間違いなしの一品です。

酒粕のコクがたまらない!濃厚クリームシチュー

生クリームと酒粕を使って作る、濃厚な味わいのクリームシチューはいかがでしょうか?具材にニンジンとブロッコリーを使っているので、彩りも良くおもてなし料理やパーティーの席にも映えるクリームシチューです。ひとくち食べるとベーコンのうまみがお口に広がり、お肉を使っていなくても十分に満足感のある一品です。ぽかぽか身体も温まるので寒い日のおかずにぜひお試しください。

人気のカテゴリ