2019.7.12

笹かまの活用レシピ7選! おつまみやお弁当にも大活躍

笹かまとは?かまぼことは違うの?

主に宮城県仙台市で製造されている「笹かまぼこ」。今では、宮城県の代表的なお土産物としても全国的に有名ですよね。この笹かまぼこは、明治時代初期に豊漁によって余った魚をすり身にして調味料と合わせて串に刺し、伸ばして焼き上げたのが始まりと伝えられています。そしてその形は、伊達家の家紋「竹に雀」に笹の葉が表されていることに由来するとも言われています。一般的な「かまぼこ」が半円筒形の蒸しかまぼこであるのに対して、「笹かまぼこ」は笹の葉の形に成形して焼いた焼きかまぼこです。ちなみに皆さんご存じの「ちくわ」も、魚のすり身を竹に巻いて焼き上げた、焼きかまぼこの一種なんですよ。

おつまみにおやつに嬉しい「笹かま」

宮城県仙台市の名物としても有名な笹かまですが、いまやスーパーやコンビニでも手軽に購入できるようになりました。お酒のおつまみとしても、そのまま食べてもおいしい笹かまは、大人から子供まで幅広い年齢層の方から愛されていますよね。そんな笹かまですが、料理での活用方法が思い浮かばないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、そんな笹かまを使ったアレンジレシピをご紹介します。

箸休めに!笹かまと小松菜の磯マヨ和え

まず最初にご紹介するのは、笹かまと小松菜を、のりの佃煮とマヨネーズで和えた一品です。笹かまは和えものにしてもおいしいんです。電子レンジを使用して作るので、短時間で調理が出来るのも嬉しいですね。のりの佃煮の甘辛さとマヨネーズのまろやかさが笹かまのおいしさを引き立てた一品です。

人気のカテゴリ