2022.1.21

食材3つだけで完成!おつまみにもぴったりな“簡単おかず”レシピ5選

忙しいときや仕事が終わってからの晩ごはんづくりに役立つ、たった3つの食材で完成する「簡単おかず」レシピをご紹介します。ボリュームたっぷりのひき肉のあんかけ厚揚げやバターの香りが食欲をそそるブロッコリーの明太和えなど、おつまみにもぴったりのレシピをピックアップ。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.節約メニュー!ひき肉ともやしのトロトロあんかけ厚揚げ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

厚揚げに豚ひき肉ともやしのトロトロあんをかけた、ボリュームたっぷりのおかずです。ごま油で香ばしく焼いた厚揚げに、甘辛い味つけのあんが絡んで、とてもおいしいですよ!ごはんによく合う味つけで、食べごたえもあるので、献立のメインとしてもおすすめ。手早くサッとお作りいただけるので、忙しいときの一品としても重宝しますよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 厚揚げ豆腐 (計300g)・・・2枚
  • 豚ひき肉・・・200g
  • もやし (250g)・・・1袋
  • (A)しょうゆ・・・30ml
  • (A)みりん・・・50ml
  • (A)酒・・・50ml
  • 水溶き片栗粉・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.強火で熱したフライパンにごま油をひき、厚揚げを両面に焼き目が付くまで焼き、火から下ろします。
2.1枚を4等分に切ります。
3.同じフライパンを強火で熱し、豚ひき肉ともやしを炒めます。
4.もやしがしんなりしてきたら(A)を入れて、中火で炒めます。
5.水溶き片栗粉を入れて、かき混ぜながら中火で熱し、とろみがついたら火から下ろします。
6.器に2を盛り付け、5をかけ、小ねぎを散らして完成です。

2.材料3つ ブロッコリーの明太バター和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ブロッコリーの彩りがキレイな明太バター和えです。使う材料はブロッコリーと明太子、バターのみ!電子レンジで加熱して混ぜるだけで完成と、とっても簡単にお作りいただけます。プチプチッと弾ける明太子とブロッコリーの食感も楽しく、思わず箸が止まらなくなるおいしさですよ。献立にあと一品欲しいというときにもおすすめですので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ブロッコリー・・・100g
  • 明太子・・・30g
  • 有塩バター・・・5g

作り方

準備.明太子は皮を取り除きほぐしておきます。
1.ブロッコリーは小房に切り分け耐熱容器に入れ、ラップをして600Wの電子レンジで2分加熱します。
2.1の水気を切り、有塩バターを加え混ぜ合わせます。
3.明太子を加え混ぜ合わせます。
4.器に盛り付けて出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.豚バラ肉のスタミナニラ玉炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

旨みたっぷりの豚バラ肉と、香りのよいニラで作るスタミナたっぷりのニラ玉炒めはいかがでしょうか。ごま油で香りよく仕上げた炒り卵のふわっとした食感が、豚バラ肉とニラによく合い、たまらないおいしさですよ!ニンニクの香りを効かせた中華風の味つけで、ごはんがどんどん進みます。ごはんのおかずとしてだけでなく、お酒のおつまみとしてもおすすめですよ。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・200g
  • ニラ・・・100g

-----炒り卵-----

  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • 酢・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.ニラは3cm幅に切ります。
2.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
3.ボウルに卵、酢を入れて混ぜ合わせます。
4.強火で熱したフライパンにごま油をひき、3を入れたら菜箸でかき混ぜ、卵が半熟状になったら火から下ろします。
5.別のフライパンを中火で熱してごま油をひき、2を炒めます。
6.豚バラ肉に火が通ったら(A)を入れ、中火で炒め合わせます。
7.全体に味がなじんだら1、4を入れて中火で炒め合わせます。ニラがしんなりしたら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ