2021.11.21

「休日のちょい飲みに!」のりを使った“ぱくっとおつまみ”レシピ5選

パリパリ食感でおいしい「焼きのり」。お寿司やおにぎりに巻くだけでなく、実はお酒によく合う隠れた名食材なんです。

今回は、のりを使った簡単おつまみレシピをご紹介します。のりとチーズを重ねたおつまみや、ささみと長ねぎの海苔巻きなど、ぱくっと手軽に食べられるレシピをピックアップしました。身近な食材をはさんだり巻いたりするだけで、お酒にぴったりの一品に早変わりしますよ。ぜひ試してみてくださいね。

1.海苔とチーズのミルフィーユ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

のりとチーズを重ねるだけの、オシャレな簡単おつまみをご紹介します。濃厚なチーズと磯の香り豊かなのりは、一緒に食べると旨みが倍増!わさびや七味唐辛子のアクセントがくせになり、お酒もぐいっと進みますよ。マヨネーズやナッツをのせたり、さまざまなアレンジ加えてお楽しみください。濡らした包丁を使うときれいに切れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • のり (10cm×18cm)・・・3枚
  • スライスチーズ・・・6枚

-----トッピング-----

  • アーモンド (無塩・ロースト)・・・1粒
  • わさび・・・適量
  • 黒こしょう・・・適量
  • 七味唐辛子・・・適量

作り方

1.のりは半分に切ります。
2.スライスチーズと1を交互に重ね、ラップをかけて5分置きます。
3.濡らした包丁で、端ののりが余った部分を切り落とします。
4.濡らした包丁で6等分に切ります。
5.器に盛り付け、それぞれにトッピングの具材をのせて完成です。

2.ささみと長ねぎの海苔巻きおつまみ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

鶏ささみと長ねぎをのりで巻いて食べる、おつまみレシピはいかがでしょうか。しっとりした鶏ささみとごま油がくせになる味わいで、お酒やごはんが進むこと間違いなし!長ねぎを大量消費したいときにもおすすめの一品です。ごはんに散らして丼仕立てにしてもおいしいですよ。仕事終わりの晩酌タイムにぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏ささみ・・・180g
  • お湯 (ささみ用)・・・適量
  • 長ねぎ・・・1本
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/2
  • ラー油・・・小さじ1/2
  • のり (19×20cm)・・・2枚

作り方

準備.長ねぎは根元を切り落としておきます。のりを4等分に切っておきます。
1.長ねぎは斜め薄切りにし、水に5分程さらします。
2.鶏ささみ肉は筋を取ります。
3.鍋にお湯を沸かし、沸騰したら2を入れ火を止め、蓋をして中に火が通るまで20分おきます。
4.1の水気をキッチンペーパーで拭き取りボウルに入れます。
5.3の水気をキッチンペーパーで拭き取り手で割いて4に入れ(A)と混ぜ合わせます。
6.5を器に盛り、ラー油をかけて、のりを添えて完成です。

3.お酒に合う!焼きのりと納豆チーズのおつまみ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

片手でぱくっと食べられる、簡単一口おつまみのご紹介です。焼きのりに納豆とチーズをのせて、トースターで5分焼くだけでお作りいただけます。のりと絶妙に合うこんがりチーズに、納豆の後引くおいしさがたまらない一品!七味唐辛子をかけて、ピリ辛のアクセントを加えてもおいしいです。調味料やトッピングを変えて、いろいろな味わいをぜひ楽しんでみてくださいね。

材料(2人前)

  • 焼きのり・・・1枚
  • 納豆・・・1パック
  • 納豆のタレ・・・1袋
  • ピザ用チーズ・・・適量

作り方

準備.焼きのりを10枚に切ります。
1.納豆とタレを混ぜ合わせます。
2.焼きのりに1を均等にのせていきます。
3.2の焼きのりの上にピザ用チーズを振りかけます。
4.アルミホイルを敷いた天板にのせて、トースターで5分程焼いたら完成です。

人気のカテゴリ