最終更新日 2022.7.5

生でも加熱してもおいしい!【紫玉ねぎ】の活用レシピ15選

エビとサワークリームオニオンのカナッペ

クラッカーに、みじん切りにした紫玉ねぎを混ぜたサワークリームとボイルしたエビをのせたカナッペです。さわやかな酸味のサワークリームに紫玉ねぎのシャキシャキとした食感がおいしいですよ。見た目も華やかなので、パーティーのオードブルやおもてなしの際の一品にもぴったりです。

紫玉ねぎから出てきた水分で水っぽくならないよう、水にさらしたあとは、しっかり水気を絞ってからサワークリームと和えましょう。

彩り鮮やか シーフードピラフ風

紫玉ねぎとシーフードミックスを使ったピラフです。シーフードのうま味に紫玉ねぎのシャキシャキとした食感がおいしい一品。手早く作れるので、簡単に済ませたいランチにもおすすめですよ。パセリのみじん切りを散らすと、彩りよく仕上がります。生パセリがない場合は、乾燥のものをお使いくださいね。

紫玉ねぎは炒めすぎると色が薄くなってしまうので、食感が残る程度にさっと炒めるのがポイントです。

チキンとフレッシュトマトのエスニックスープ

チキンとトマトがごろごろと入ったボリューム満点のエスニックスープです。鶏ガラスープをベースにナンプラーを効かせたシンプルな味付けは、ほんのりにんにくの風味が香るやさしい味わい。ジューシーな鶏もも肉のうま味もスープに染み込んで絶品ですよ。

トマトの酸味とさわやかな風味のパクチーでさっぱりと食べられます。フォーや春雨など、お好みの麺を入れて楽しむこともできますよ。ぜひお試しくださいね。

紫玉ねぎはスープで煮込むと、色が溶け出して白っぽくなりますが、甘みがあってやわらかいのでおいしくお召し上がりいただけます。彩りに使いたい場合は、紫玉ねぎをトマトと同じタイミングで加えるのがおすすめです。

人気のカテゴリ