2019.7.5

全国のおすすめ「お雑煮」レシピ5選!基本の作り方も紹介お雑煮レシピ

地域ごとに異なる味わいが特徴

お正月に食べる料理といえば、おせちとお雑煮ですよね。お雑煮に使う具材やお餅は地域によってさまざまで、各家庭ごとにも異なります。代表的なものは関東ではすまし汁に角餅、関西では白みそ仕立てに丸餅が使われるのが一般的です。その他にも新潟では鮭とイクラを入れたり、広島ではカキを入れたりとその地域の特産品が使われることが多いです。

お正月にお雑煮をいただく由来は?

なぜお正月にお雑煮が食べられるようになったのでしょうか?その起源は室町時代にまで遡り、当時お雑煮はお正月だけではなく年を通してお祝いの席で食べられていました。後にその土地で収穫された食材を大晦日に神様に捧げ、翌日(元日)にそのお下がりをお雑煮にしていただくことで「神様の恩恵をいただく縁起のよい料理」として、お正月にお雑煮を食べる風習が根付いたそうです。今回は基本のお雑煮の作り方から具だくさんの鍋風のお雑煮まで、さまざまなお雑煮のレシピをご紹介します。

シンプルながらも贅沢な味わい!ダシから作るお雑煮

ここからは、さまざまなお雑煮のレシピをご紹介します。まずは、香り高いかつおダシから作る関東風のお雑煮はいかがでしょうか。具材のかまぼこは「結びかまぼこ」にすることで、「縁を結ぶ」という意味の縁起物になります。里芋とにんじんもていねいに飾り切りにすることで、見た目にも上品でお正月らしい仕上がりになります。香ばしく焼いたお餅にダシがじんわりと染みわたる、シンプルながらも贅沢な風味をぜひ味わってっみてくださいね。

人気のカテゴリ