2022.9.8

「卵の賞味期限、せまっていませんか?」おいしく消費できる“おかず”レシピ5選

「卵」は買い置きしておくことが多い食材ですが、気がつくと賞味期限が近づいていた…という経験はありませんか?今回は、卵をおいしく消費できるおかずのレシピをご紹介します。カニカマ卵や、じゃがいもとひき肉のスパニッシュオムレツなど、卵を飽きずに食べられるメニューをぜひチェックしてみてくださいね。

1.とろーりおいしい!肉巻き半熟卵

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べ応えのあるおかずが欲しいときに、肉巻き半熟卵を作ってみませんか。ジューシーな豚バラ肉と濃厚なトロトロ半熟卵が絶妙にマッチした、やみつき間違いなしの一品です。カリッと焼けて色がついた豚バラ肉に甘辛ダレがよく絡み、とてもおいしいですよ。おうち居酒屋のメニューにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(4個分)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・200g
  • 塩こしょう・・・小さじ1/4
  • 卵 (Mサイズ)・・・4個
  • お湯 (卵をゆでる用)・・・1000ml
  • 薄力粉・・・大さじ1
  • (A)酒・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1.5
  • サラダ油・・・小さじ2
  • レタス・・・20g
  • ミニトマト・・・2個

作り方

準備.卵は常温に戻しておきます。
1.お湯を沸騰させ、卵を7分ゆでて流水で冷やし、殻を剥きます。
2.豚バラ肉に塩こしょうをふり、1を巻いて、全体に薄力粉をまぶします。
3.中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、2を焼きます。
4.全体に焼き色がつき豚バラ肉に火が通ったら、(A)を入れて、中火で全体を煮詰めて火から下ろします。
5.お皿に盛り付け、レタス、ミニトマトを添えて完成です。

2.簡単 カニカマたまご

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ふわふわ卵がたまらない、カニカマ卵をご紹介します。旨みたっぷりのカニカマと、少し甘めに味つけしたやさしい味わいの卵は相性抜群で、お箸の止まらないおいしさですよ。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりの一品です。仕上げに小ねぎをのせると風味がアップし彩りもよくなるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 卵 (Mサイズ)・・・4個
  • カニカマ・・・6本
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.カニカマは手でほぐします。
2.ボウルに卵、(A)を入れ溶きほぐします。1を入れ混ぜ合わせます。
3.強火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を流し入れます。大きく混ぜながら卵が半熟状になったら火から下ろします。
4.お皿に盛り付け小ねぎをのせて完成です。

3.レンジで簡単 卵の生姜あんかけ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ふわふわ食感がたまらない、卵の生姜あんかけをご紹介します。白だしとみりんで味つけしたあんかけは、出汁と生姜の風味が効いていてとても上品な味わい。見た目にも美しく手が込んでいそうに見えますが、電子レンジでささっとお作りいただけるので、忙しい日にも役立つレシピですよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 卵 (Mサイズ)・・・4個
  • (A)水・・・大さじ3
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/4

-----あんかけ-----

  • 水・・・100ml
  • 白だし・・・大さじ1.5
  • みりん・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・小さじ2
  • すりおろし生姜・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • 枝豆 (冷凍)・・・6粒

作り方

準備.枝豆はパッケージの表記通りに解凍し、加熱しておきます。
1.耐熱ボウルに卵、(A)を入れて混ぜ合わせ、ラップを敷いた耐熱ボウルに半量を入れます。
2.ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで1分加熱し、一度取り出してかき混ぜます。再びふんわりとラップをかけ、卵に火が通るまで600Wの電子レンジで30秒加熱します。同様にもう1つ作ります。
3.別の大きめの耐熱ボウルにあんかけの材料を入れてよく混ぜ合わせます。ラップをかけずに600Wの電子レンジで1分加熱します。一度取り出して混ぜ合わせ、再びラップをかけずにとろみがつくまで600Wの電子レンジで1分加熱します。
4.お皿に2を盛り付け、3をかけ、枝豆をのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

4.ゆで卵とブロッコリーのゴロゴロサラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ゆで卵とブロッコリーのゴロゴロサラダはいかがでしょうか。コクのあるマヨネーズにハーブソルトやガーリックの風味がマッチした、食べ応えのある一品です。レモン汁の味がさっぱりとしていて暑い日にも食べやすいですよ。そろえる材料も少なく手順も簡単なので、あと一品に迷ったときにもおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ゆで卵・・・2個
  • ブロッコリー・・・150g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)レモン汁・・・小さじ1/2
  • (A)ハーブソルト・・・小さじ1/3
  • (A)ガーリックパウダー・・・小さじ1/4

作り方

1.ブロッコリーは小房に切り分けます。耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで2分程やわらかくなるまで加熱します。
2.ボウルにゆで卵を入れてフォークで粗くつぶし、粗熱を取った1、(A)を入れて、さっくりと混ぜ合わせます。
3.お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.じゃがいもとひき肉のスパニッシュオムレツ

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べ応え抜群!じゃがいもとひき肉のスパニッシュオムレツをご紹介します。ほくほくのじゃがいもが、ふんわりと焼きあげた卵とよく合う一品です。じっくりと炒めた豚ひき肉や玉ねぎの旨みが、オムレツ全体に行き渡り、どこを食べてもおいしいですよ。熱々のうちに召し上がっていただき、トロトロにとろけたチーズを楽しんでくださいね。

材料(2人前)

  • 卵 (Mサイズ)・・・4個
  • じゃがいも (計300g)・・・2個
  • 豚ひき肉・・・100g
  • 玉ねぎ (50g)・・・1/4個
  • ピザ用チーズ・・・50g
  • (A)牛乳・・・大さじ3
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1
  • 有塩バター・・・20g

-----トッピング-----

  • ケチャップ・・・大さじ2
  • パセリ (生)・・・適量

作り方

準備.じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。
1.玉ねぎはみじん切りにします。
2.じゃがいもは5mm幅のいちょう切りにします。耐熱ボウルに入れて、ふんわりラップをかけ、やわらかくなるまで600Wの電子レンジで3分程加熱し、粗熱を取ります。
3.ボウルに卵を割り入れて溶きほぐし、(A)、ピザ用チーズを入れて、よく混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンに有塩バターを溶かし、1を入れて、しんなりするまで炒めます。
5.豚ひき肉を入れて、色が変わるまで中火で炒めたら、キッチンペーパーで水気を拭き取った2を入れ、全体に油がなじむまで炒めます。
6.3を入れて木べらで大きくかき混ぜ、半熟状になったら蓋をして、縁が固まるまで弱火で5分程焼きます。
7.裏返して、豚ひき肉に火が通るまで弱火で4分程焼き、火から下ろします。
8.器に盛り付け、トッピングを添えて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

賞味期限の近づいた卵を、おいしく消費しよう!

いかがでしたか。卵をおいしく消費できるレシピをご紹介しました。卵は使い勝手が良くリーズナブルな価格で手に入れられることも多いため、卵メニューのレパートリーを広げておくと重宝しますよ。ぜひ新しい卵料理にもチャレンジしてみてくださいね。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

※賞味期限が切れてしまった卵は、しっかりと加熱しなるべくお早めにお召し上がりください。

人気のカテゴリ