2022.2.23

【謎解きクイズ】これは何を表している?「今」と「T」の関連に注目!気になる正解は…

なぞときクイズです!この画像は何を表しているでしょうか?アルファベットは何かの頭文字を表していますよ。正解発表のあとは、その食べ物を使ったおすすめレシピをご紹介します。手軽に作れる煮物からホカホカのスープまで、絶品レシピをピックアップしました。ぜひ最後までご覧くださいね。

「今」と「T」の関連を考えると…?正解はこれ!

正解は、「うし」です!

4つのアルファベットはそれぞれ干支の頭文字になっているんです。今年はとら年なので、左から「うし、とら、う、たつ」を表しています。

「牛」といえば、いつも口をモグモグしているイメージがありますよね。これは、消化しづらい草から栄養分を取り込むためなんです。一度胃に入ったエサを口に戻してもう一度噛むことを「反芻(はんすう)」といいます。反芻ですりつぶされた草は第2の胃、第3の胃、第4の胃を経て、何時間もかけて消化されます。私たちは、そうして牛が草から得た栄養分を、牛乳や牛肉の形でいただいているんですね。

牛肉のおすすめレシピをご紹介!

ここからは、牛肉を使ったおすすめのレシピをご紹介します。ごはんが進む味わいのしぐれ煮や、食べごたえのあるスープなど、簡単に作れる絶品レシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.お手軽常備菜!牛とごぼうのしぐれ煮

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんが進む味わい!牛肉とごぼうのしぐれ煮はいかがでしょうか。生姜の風味を効かせた甘辛味で、ホッとするおいしさですよ。ささがきにしたごぼうを酢水に浸けておくと、アクが抜けておいしくいただけますよ。材料をフライパンで炒め合わせるだけなのでとっても簡単です。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 牛こま切れ肉・・・200g
  • ゴボウ・・・15cm
  • 生姜・・・3片
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 醤油・・・大さじ2.5
  • サラダ油・・・大さじ1
  • (A)酢・・・小さじ1
  • (A)水・・・2カップ

作り方
1.牛蒡の皮をこそぎ、ささがきにして(A)の酢水に浸しておきます。
2.生姜を千切りにします。
3.フライパンにサラダ油を熱し、2と牛肉を入れ炒めます。
4.肉がある程度炒まったら、水気を切った牛蒡、酒、みりん、砂糖、醤油を入れて炒めます。
5.煮汁がほとんど無くなるまで炒めたら完成です。

2.牛肉とキャベツの黒こしょう炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

黒こしょうを効かせた、牛肉とキャベツの炒め物を作ってみましょう。下味をつけた牛肉に片栗粉をまぶしてから炒めるので、とろみがついて味がしっかり絡み、ごはんがモリモリ進むおいしさですよ。ニンニクの風味も食欲をそそります。サッと作れるおかずなので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 牛こま切れ肉・・・150g

-----下味-----

  • しょうゆ・・・小さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • キャベツ・・・200g
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)オイスターソース・・・小さじ1
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・小さじ1/2
  • サラダ油・・・小さじ2

作り方

1.キャベツはざく切りにします。
2.ボウルに牛こま切れ肉、下味の材料を入れて揉みこみ、片栗粉をまぶします。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れ、牛こま切れ肉の色が変わるまで炒めます。
4.1を加え、キャベツがしんなりするまで中火で炒め、(A)を加えて炒め合わせます。
5.全体に味がなじんだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ