最終更新日 2022.6.9

豆&麺料理レシピに欠かせない“差し水”!効果や適切な量を徹底解説

差し水でふっくらおいしい!おすすめレシピ

小豆や大豆を上手に煮ることができたら、おいしいおかずやスイーツに活用してみましょう。特に炊きたてのつぶあんは風味がよく、手作りならではのおいしさが楽しめますよ。

手作り黒みつでシンプルあんみつ

つぶあんのおいしさを存分に楽しめる、シンプルなあんみつです。つぶあんを煮ている間に黒みつや寒天を作れば、全て手作りのあんみつの出来上がり!アイスクリームやフルーツをトッピングして、お好みのアレンジをお楽しみください。

シンプルがおいしい あんバタートースト

ジュワッとおいしさが広がる、あんバタートーストです。こっくりと甘いつぶあんにまろやかなバターがよく合い、一度食べたらやみつきになるおいしさ!つぶあんを自分で作れば、お好みの甘さに仕上げることができますよ。

いちごのどら焼風

ホットケーキミックスで手軽に作れる、いちごのどら焼き風です。中にいちごやホイップクリームを挟んで、甘酸っぱくクリーミーな味わいに仕上げました。真っ赤ないちごがかわいらしく、おもてなしとしても喜ばれる一品です。

簡単常備菜!野菜たっぷり五目豆

ほっこりとおいしい、定番の五目豆です。大豆のホクホクとした食感がよく、しっかりとした味付けでごはんがすすみます。野菜がたくさん入っているので、常備しておくとあともう一品ほしいときに重宝しますよ。

簡単おつまみ 大豆の甘辛揚げ

お酒のおつまみにぴったりな、大豆の甘辛揚げです。味付けはスイートチリソースとしょうゆのみですが、ピリッと甘辛い味付けがやみつきになること間違いなし!少ない油で簡単に作れますので、ぜひお試しください。

トマト缶でお手軽 ポークビーンズ

普段とはひと味違う大豆料理を楽しみたいときに、ポークビーンズはいかがでしょうか。隠し味にケチャップを加えて、どこか懐かしい味わいに仕上げました。肉、野菜、豆がバランスよく入った食べ応えのある一品です。

差し水をマスターして、おいしい豆料理を楽しもう!

今回は、差し水の方法や効果、差し水をして作るおすすめのレシピをご紹介しました。差し水は豆類を上手に煮るための大切な工程です。煮汁の温度を50℃まで下げることで、シワや煮えムラを防ぎふっくらと仕上げることができます。今まで加えるタイミングや量がよく分からなかった方は、ぜひこの機会にマスターして、おいしい豆料理をお楽しみくださいね。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ