2019.4.23

スパイスの辛さにやみつき!ジャークチキンのおすすめレシピ5選

ジャマイカの名物料理、ジャークチキンとは?

ジャマイカで生まれたジャークチキンは、スパイスやハーブの複雑な味わいが魅力の鶏肉料理です。ジャークチキンのジャークはペルー語由来のスペイン語「charqui」が語源で、乾燥した肉という意味の「ジャーキー」から名前がついたと言われています。いろんなスパイスを使うので作るのが難しそうに思えますが、鶏肉を漬け込んで焼くだけなので実はとっても簡単!刺激的な料理が食べたくなったら、ぜひジャークチキンを作ってみてくださいね。

味の決め手はスパイスにあり!

ジャークチキンに欠かせないのが、スパイスとハーブ。基本はオールスパイスやチリペッパーにナツメグやクローブ、シナモンなどを合わせて作られます。ハーブの香りやスパイスの辛さが合わさったジャークチキンは、やみつきになる美味しさですよ。本場ジャマイカではジャークチキンを売るレストランや屋台がたくさんあって、お店ごとにこだわりの味が食べられます。作るのに慣れてきたら、スパイスの配合を変えてみるのも面白いかもしれませんね。

鶏手羽元のスパイシージャークチキン

鶏手羽元で作るジャークチキンは、スパイシーで食べ応えも抜群。ニンニクと生姜を合わせているので、ご飯やお酒がどんどん進む味つけに仕上がりますよ。ジッパー付き保存袋を使うと、手を汚さずに下ごしらえできるのも嬉しいですね。ジューシーな鶏手羽元とスパイスの香りで、いくらでも食べられちゃう美味しさです。ジャークチキンは、やっぱり焼き立てが一番!皮がパリッとした手羽元に、ガブリとかぶりついてお召し上がりください。

人気のカテゴリ