最終更新日 2022.6.9

「長ねぎをもっとおいしく!」消費にも助かる“長ねぎ”のおすすめレシピ15選

とろシャキッ!長ねぎがいい味出してる炒め物レシピ

長ねぎは加熱の仕方で食感が変わります。とろっとやわらかく仕上げたり、少し食感を残してもおいしいですよね!ここでは、長ねぎの魅力が最大限引き出された炒め物レシピをご紹介します。

簡単おつまみ えびとししとうのわさび醤油炒め

ツンとした辛みがクセになる、えびとししとうのわさび醤油炒めのご紹介です。プリッとした食感のエビとほろ苦いししとう、とろっとやわらかく甘みのある長ねぎに、わさびが効いた合わせ調味料が絡んだやみつき必至の一品!エビはあとから加えて炒めることがプリプリ食感に仕上げるコツです。ごはんのおかずにもお酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

鶏せせりと長ネギの塩麹炒め

ごはんのおかわりが止まらなくなる!鶏せせりと長ネギの塩麹炒めをご紹介します。弾力のある鶏せせりとシャキシャキの長ねぎの食感の違いが心地よい一品。塩麹の旨味とニンニクの風味が具材に絡んで、ビールはもちろんごはんもモリモリ進みますよ!ごま油で炒めることで風味よく仕上がります。このレシピでは鶏せせりを使いましたが、鶏もも肉などほかの部位で作ってもおいしいので、お好みの部位でお試しください。

揚げ鶏と長ねぎのオイマヨ炒め

食べ応え抜群!揚げ鶏と長ねぎのオイマヨ炒めは、ぜひレパートリーに加えていただきたい一品です。香ばしく揚げた鶏もも肉と焼き色がつくまで炒めた長ねぎに、こってり濃厚なオイマヨが絡んで絶品!しっかりとした味つけですが長ねぎの風味が負けることなく、長ねぎの甘さがあいまって一層コク深い味わいに仕上がりますよ。ガッツリおかずが食べたいときには、こちらのレシピを試してみてくださいね。

長ねぎといえばコレ!ほっとやさしいみそ汁レシピ

最後はやっぱり定番で!長ねぎの風味でぐっと深い味わいになるみそ汁レシピを2つご紹介します。出汁をイチから取るレシピと薬味をたっぷり使ったレシピ、どちらも繊細でありながらも風味豊かな味わいをお楽しみいただけますよ。

煮干し出汁で 油揚げとネギの味噌汁

煮干し出汁で本格的に仕上げた、油揚げと長ネギの味噌汁です。煮干しでとった出汁で作るやさしい味わいのみそ汁には、長ねぎがよく合います。一から出汁をとるのは大変と思われがちですが、頭とはらわたを取り除いた煮干しを30分ほど水につけて、5分ほど弱火にかけるだけで意外と簡単に作れますよ。ただし、煮干しは長時間火にかけるとえぐみが出てくるので、火加減に気をつけて作ってみてくださいね。

薬味たっぷりお味噌汁

長ねぎや生姜、ミョウガなど、香味野菜がたっぷりと入ったみそ汁はいかがでしょうか。長ねぎの甘み、ミョウガのシャキシャキとした食感、生姜のキリッとした風味を一気に楽しめる風味豊かな一品です。香り高い薬味にやさしい味わいの豆腐がよく合います。仕上げに爽やかな香りの大葉をのせてお召し上がりください。いつもとは違う豆腐のみそ汁を作りたくなったら、ぜひこちらのレシピを試してみてくださいね。

長ねぎはどんな味つけでも楽しめる万能野菜!

いかがでしたか?長ねぎは薬味などの脇役だけでなく、メインでも楽しめる優秀食材です。切り方や火の通し加減で味や食感に違いが出るおもしろい野菜なので、レシピもバラエティに富んでいます。和洋中、エスニックまで、さまざまな楽しみ方ができる長ねぎを常備して、レシピのレパートリーを増やしてみてくださいね!

クラシルではほかにも、長ねぎを使ったレシピをたくさんご紹介しています。そちらも合わせて参考にしてみてください。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ