最終更新日 2022.6.9

「こま切れ肉」と「切り落とし肉」の違いとは?おすすめレシピもご紹介

「こま切れ肉」や「切り落とし肉」で作る!おすすめレシピ

こま切れ肉と切り落とし肉の違いが分かったところで、続いてはレシピをご紹介します。どれも絶品なので、ぜひお試しくださいね。

こま切れ肉を使ったレシピ

牛こま肉でワンパンビビンバ

フライパンひとつで作れる!ワンパンビビンバのご紹介です。通常、一品ずつ作るナムルやお肉をまとめて炒めることで、とてもお手軽に。ごはんのおこげも香ばしく、卵を崩して食べるとたまらないおいしさです。フライパンのまま食卓に出せば、できたてアツアツのおいしさが楽しめますよ。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

自宅で簡単 野菜たっぷり長崎ちゃんぽん

長崎市のソウルフード、長崎ちゃんぽんをご家庭で楽しめるようにアレンジした一品です。長崎ちゃんぽんのような具だくさんの料理であれば、部位の指定がなく大きさが不均一な豚こま切れ肉でも全く問題ありません!具材の旨味と牛乳のコクが溶け込んだミルキーなスープに、太麺がよく絡み、箸が止まらなくなるおいしさです。

切り落とし肉を使ったレシピ

さっぱり おろしポン酢牛丼

おろしポン酢牛丼はいかがでしょうか。甘辛いつゆが染み込んだ牛バラ肉と玉ねぎに、トッピングのおろしポン酢と大葉がよく合います。食べ応えがありつつも、さっぱりといただける一品。このようなお肉がメインの料理には、部位が指定されている切り落とし肉が使いやすいですよ。ぜひお試しくださいね。

すき焼き風 月見牛どん

すき焼き風の月見牛どんです。贅沢なすき焼き風の一品も切り落とし肉を使えば、おいしさはそのまま、リーズナブルに作ることができます!甘辛い濃いめの味つけが具材によく染み込み、ごはんが進むおいしさ。卵黄を絡めると、コクとまろやかさが加わり、一層おいしくいただけますよ。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

「こま切れ肉」と「切り落とし肉」を上手に使い分けよう!

いかがでしたか?今回は混同しがちな「こま切れ肉」と「切り落とし肉」の違いや特徴、それぞれに適した調理方法についての解説とおすすめレシピをご紹介しました。上手く使い分けることができると、一段と料理がおいしく仕上がり、節約にも繋がるので、覚えておいてくださいね。

クラシルでは、こま切れ肉や切り落とし肉を使ったレシピをたくさんご紹介しています。ぜひお気に入りのレシピを見つけてみてくださいね。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ