最終更新日 2022.6.9

「予熱」と「余熱」の違いとは?効果やポイントを徹底解説!

予熱がポイント!オーブンで作るおすすめレシピ

オーブンで作るおすすめのレシピをご紹介します。失敗を防ぐためには、生地ができあがる前に予熱が完了していることが大切ですよ。

ココアフィナンシェ

ティータイムにぴったりな、ココアのフィナンシェです。フィナンシェなどの小さな型を使った焼き菓子は、高めの温度で短時間で焼くことがポイント!表面はサクッと香ばしく、中はしっとりとした食感に仕上がります。

しっとり美味しい アールグレイシフォンケーキ

ふわっと軽い食感の生地に、アールグレイが香るケーキです。シフォンケーキは予熱してから焼くことで、メレンゲがしっかりと膨らみ、軽い食感に仕上がりますよ。

手軽に作れるふんわり白パン

ご家庭で簡単に作れる、ふんわり白パンです。発酵にもオーブンを使用するレシピの場合は、二次発酵が終わったら予熱をしてくださいね。設定温度で焼き始めないと、きれいな焼き色が付かずパサパサとした食感になってしまいます。

オーブンでじっくり焼く スパイシースペアリブ

低温でじっくりと焼いた豚スペアリブです。低温で時間をかけて火を通すので、やわらかく仕上がりますよ。クミンパウダーやガラムマサラなどのスパイスの香りが食欲をそそる一品です。

予熱をマスターして失敗を防ごう!

今回は予熱の意味やその目的、おすすめのレシピなどをご紹介しました。予熱はおいしいパンや焼き菓子を作るために大切な工程のひとつです。あらかじめ予熱しておくことで調理がスムーズになり、生焼けなどの失敗を防ぐことができます。ぜひこの機会に予熱をマスターして、日々の料理をワンランクアップさせてみてくださいね。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ