2020.9.24

「主菜に+1品!」パパっと作れる”きのこの副菜”レシピ5選

一年中手に入るきのこですが、旬である秋はより香りと旨みが増しておいしくいただけます。食感もよく、秋の食卓には欠かせない食材ですよね。

今回はそんなきのこを使った、パパっと作れる副菜レシピをご紹介します。どれも電子レンジやフライパン1つで簡単に作れて、味つけもシンプルなものばかり!ごはんにはもちろん、お酒にも合うレシピをピックアップしましたので、今夜のおかずにぜひ作ってみて下さいね。

1.きのこのおかかポン酢和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりコク旨!きのこのおかかポン酢和えです。きのことかつお節のうまみにポン酢がよく合います。ごま油を加えることで風味とコクが増して、どんどん箸が進みますよ。お好みのきのこを加えてアレンジもお楽しみいただけます。電子レンジで簡単に調理できるので、お料理初心者の方にもおすすめの一品です。

材料(2人前)

  • しいたけ・・・6個
  • まいたけ・・・50g
  • なめこ・・・50g
  • ①ポン酢・・・大さじ2
  • ①ごま油・・・大さじ1
  • かつお節・・・2g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方
準備.なめこは流水で洗い、ザルに上げて水気を切っておきます。
1.しいたけは軸を取り、薄切りにします。
2.まいたけは石づきを切り落とし、手でほぐします。
3.耐熱ボウルに1、2、なめこを入れ、ふんわりラップをかけて、600Wの電子レンジで3分程加熱します。
4.ボウルに①を入れ、よく混ぜ合わせます。
5.3、かつお節を入れ、よく混ぜ合わせます。
6.器に盛り付け、小ねぎを散らして出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.めんつゆで簡単 焼ききのこのアーモンド和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

味付けはめんつゆだけ!焼ききのこのアーモンド和えです。香ばしく焼いたきのこと、カリッとした食感のアーモンドが絶妙にマッチした一品!シンプルにめんつゆだけで味付けすることで、きのこの香りや旨みが際立ちます。きのこはほんのり焼き色がつくまで焼くのがポイントですよ。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • しめじ・・・60g
  • しいたけ・・・80g
  • アーモンド (無塩・ロースト)・・・15g
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ2

作り方
1.しめじは石づきを切り落とし、小房に分けます。しいたけは石づきを切り落とし、十字に切り込みを入れ、手で4等分に割きます。
2.アーモンドは粗みじん切りにします。
3.アルミホイルを敷いた天板に1をのせ、オーブントースターでほんのり焼き色が付くまで5分ほど焼きます。
4.ボウルに2とめんつゆを入れて混ぜ合わせ、3を加えて和えます。
5.味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

3.舞茸とねぎのナンプラー和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

クセになる味わいの舞茸と長ねぎの和え物です。ナンプラーを使うことで簡単にエスニック風な味わいに仕上がります。レモン汁の酸味がナンプラーの風味とよく合いますよ。舞茸と長ねぎのシャキシャキ食感が楽しめるように、加熱しすぎないのがおいしく作るコツ!電子レンジで簡単に作れるので、忙しいときにおすすめです。

材料(2人前)

  • まいたけ・・・100g
  • 長ねぎの青い部分・・・1本分
  • ①ナンプラー・・・小さじ2
  • ①レモン汁・・・小さじ2
  • ①黒こしょう・・・ふたつまみ

作り方
1.長ねぎの青い部分は、斜め薄切りにします。
2.まいたけは手でほぐします。耐熱ボウルに入れて、ふんわりラップをかけ、600Wの電子レンジで2分ほど加熱します。
3.粗熱を取り、1、①を入れて和えます。味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ