2022.8.23

【謎解きクイズ】「?」に入る漢字は何?ひとつは中華の定番メニュー!正解は…

なぞときクイズです!「黒」「酸」「豚」「米」に囲まれた「?」に入る漢字はなんでしょうか?それぞれの漢字とつなげて、意味の通る熟語を作ってみてくださいね。正解発表のあとは、クイズの答えにちなんだおかずレシピをご紹介します。暑い夏にぴったりのレシピなので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

それぞれの漢字に注目してみると...!正解はこれ!

正解は「酢」でした!

酢のものやピクルスなどの調味料としてなじみのある「酢」。酢の歴史は古く、紀元前5000年ごろには、バビロニアで酢を作っていたという記述が残されています。日本に入ってきたのは4〜5世紀ごろで、江戸時代には調味料として広く使われるようになりました。

食酢の種類のひとつである醸造酢は、原料の違いによって穀物酢と果実酢に分けられます。穀物酢には「米酢」「米黒酢」「大麦黒酢」、果実酢には「りんご酢」「ぶどう酢」などがありますよ。それぞれ原料や製法の違いにより風味や味わいに違いがあります。

作りたい料理に合わせて、使い分けてみるのもおすすめですよ。

酢を使ったおかずレシピをご紹介!

ここからは、クイズの答えの「酢」を使ったさっぱりおかずレシピをご紹介します。酢を使った料理の定番であるきゅうりとわかめの酢のものや、きゅうりと鶏ささみのごま酢和えなど、暑い夏にぴったりのさわやかな味わいのレシピがそろっています。ぜひお試しくださいね。

1.定番 きゅうりとわかめの酢の物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりと食べられる、きゅうりとわかめの酢のもののご紹介です。酢に砂糖を加えたやさしい酸味の調味料がきゅうりとわかめになじんで、ついつい箸が止まらなくなるおいしさですよ!きゅうりとわかめの食感の違いも楽しめます。カニカマときゅうりの彩りが鮮やかで、献立が華やかになりますよ。箸休めとしてもおすすめなので、ぜひ一度、作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • きゅうり・・・1本
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 乾燥わかめ・・・2g
  • 水 (戻す用)・・・適量
  • カニカマ (計30g)・・・2本
  • (A)酢・・・大さじ1.5
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • (A)塩・・・ふたつまみ

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.乾燥わかめはパッケージの表記通りに水で戻し、水気を切ります。
2.きゅうりは薄切りにします。塩をふって揉みこみ、流水で洗い、水気を絞ります。
3.カニカマは手で割きます。
4.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、1、2、3を入れて和えます。
5.全体に味がなじんだら、器に盛り付けて完成です。

2.きゅうりと鶏ささみのごま酢和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やわらかい鶏ささみとシャキシャキっとしたきゅうりを、ごま酢和えで味わってみませんか。白だしの旨みを効かせた三杯酢に、いりごまの香ばしい香りが相性抜群です!千切りの大葉やわかめなどを加えても、おいしく仕上がりますよ。献立にあと一品ほしいときにぴったりのレシピなので、ぜひご活用くださいね。

材料(2人前)

  • きゅうり (100g)・・・1本
  • 塩 (塩もみ用)・・・ふたつまみ
  • 鶏ささみ (120g)・・・2本
  • 料理酒・・・大さじ1
  • (A)酢・・・大さじ1
  • (A)白いりごま・・・大さじ1
  • (A)白だし・・・小さじ2
  • (A)水・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1

作り方

準備.きゅうりのヘタは取っておきます。鶏ささみは筋を取っておきます。
1.鶏ささみは、耐熱ボウルに入れ料理酒を入れたら、ラップをし、600Wの電子レンジで火が通るまで3分加熱し、粗熱が取れたら手でほぐします。
2.きゅうりは縦半分に切って斜め薄切りにして、ボウルに入れて塩を振って軽くもみます。
3.別のボウルに(A)の材料を混ぜ合わせ、1、水気を切った2を入れて、よく和えます。
4.器に盛り付けて、白いりごまをかけたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.シンプルに 鶏もも肉の南蛮漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

揚げ焼きにしたジューシーな鶏もも肉を、色とりどりの野菜を入れた南蛮酢で和えました。さっぱりとした南蛮酢と旨みのある鶏もも肉は相性ぴったりで、思わず箸が止まらなくなるおいしさ!冷やしてからいただくレシピなので、暑い夏におすすめのレシピですよ。お好みの野菜を使ってアレンジするのもいいですね。ぜひチャレンジしてみてください!

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・300g
  • 塩こしょう・・・ふたつまみ
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 揚げ油・・・適量
  • ピーマン・・・2個
  • 玉ねぎ・・・50g
  • にんじん・・・50g

-----南蛮ダレ-----

  • 酢・・・大さじ3
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2

作り方

準備.にんじんは皮をむいておきます。 ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。
1.南蛮ダレの材料を耐熱ボウルに入れ、よく混ぜ合わせてラップをし、500Wの電子レンジで1分程加熱し、粗熱を取ります。
2.ピーマンは細切りにします。玉ねぎは薄切りにします。にんじんは細切りにします。
3.鶏もも肉は一口大に切り、塩こしょう、片栗粉をふります。
4.フライパンの底から2cm程の揚げ油を入れて、180℃に熱し、3を入れます。鶏もも肉に火が通り、きつね色になるまで両面を2分ずつ揚げ焼きにして油を切ります。
5.1に2、4を入れてよく混ぜ、落としラップをして粗熱を取り、冷蔵庫で15分程置きます。味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

酢を使ったさっぱりおかずで夏を乗り切ろう!

いかがでしたか。今回はなぞときクイズと、クイズの答えにちなんで酢を使ったさっぱりおかずレシピをご紹介しました。暑い日には、さっぱり食べられるおかずレシピがうれしいですよね。酢を使ったレシピのレパートリーを増やして、ぜひこの夏を快適に乗り切ってくださいね!

人気のカテゴリ