最終更新日 2022.6.20

うどとは?下ごしらえの方法やおすすめ活用レシピも

春に旬を迎える山菜「うど」。特有の香りや歯ざわりがクセになるおいしさですよね。この記事では、うどの特徴や食べ方、アク抜きの方法、絶品レシピまでたっぷりとご紹介します。うどの天ぷらや酢みそ和えをはじめ、ごはんにもお酒にも合うしぐれ煮などのレシピは必見!ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 目次
  • うどとは?
  • うどのおいしい食べ方
  • うどの下ごしらえ
  • ウドの下ごしらえ
  • うどを使った絶品レシピ
  • ウドの天ぷら
  • シャキシャキおいしいウドの揚げ浸し
  • うどの酢みそ和え

うどとは?

うどとは、ウコギ科タラノキ属の多年草のこと。日本原産の数少ない山菜のひとつです。土から顔を出したばかりの新芽や、ある程度育った茎や若葉、つぼみなどの部分が食用とされます。

天然物と栽培物がありますが、市場で出回っている多くは栽培物です。さらに栽培物にも二種類あり、土をかぶせて栽培される緑がかったうどを「山うど」、暗い場所で光を当てずに栽培される真っ白なうどを「軟白うど」と呼んでいます。

うどは特有の香りとほのかな苦味が特徴です。苦味があるため好き嫌いがありますが、春を感じさせる味わいがクセになるという人も少なくありません。また、シャキシャキとした歯ごたえも魅力で、食欲をそそる山菜として親しまれてきました。

天然物のうどは3~6月初旬頃までが旬です。栽培物は3~5月が旬の春うどと、秋の終わりから冬にかけて出荷される寒うどの二種類があります。

うどのおいしい食べ方

うどの魅力のひとつは、さまざまな調理法でそのおいしさを楽しめること。生のまま食べることもできるほか、さっとゆでたり、煮ても揚げてもおいしく召し上がれます。

サラダや酢の物、酢みそ和えなどで食べると特有の香りやシャキッとした食感を堪能できます。ほろ苦い穂先や茎の部分は天ぷらや唐揚げなどで食べるのがおすすめ。皮もきんぴらや天ぷらにして食べられますよ。

うどの下ごしらえ

ほとんどの山菜と同じく、うども下処理が必要です。下ごしらえを丁寧に行うことでおいしく食べられるのはもちろん、見た目も美しく仕上がりますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウドの下ごしらえ

酢水を使った、うどの下ごしらえをご紹介します。うどはアクがあるので、厚めに皮をむき、酢水にさらしてアク抜きをしましょう。切り口が空気に触れると色が変わってしまうので、酢水に浸しながら下ごしらえするのがポイントです。

うどを使った絶品レシピ

うどの特徴や下ごしらえの方法がわかったところで、ここからは絶品レシピをご紹介します。和え物や煮物、天ぷらなど、バラエティ豊かなレシピをピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウドの天ぷら

春が旬のうどの天ぷらはいかがでしょうか?こちらのレシピでは天ぷら粉を使って手軽に仕上げました。うどの穂先の天ぷらは、一口食べると特有のほろ苦さが広がってとてもおいしいですよ。ごはんのおかずにはもちろん、お酒にもよく合うので、ぜひ作ってみてくださいね。

シャキシャキおいしいウドの揚げ浸し

今夜のおかずに、うどの揚げ浸しを作ってみませんか?薄力粉をつけてカラッと揚げたうどを甘酸っぱいタレに浸しました。シャキシャキとしたうど特有の風味と、甘酸っぱいタレのコクがやみつきになるおいしさ。春らしさ満点の一品ですよ。

うどの酢みそ和え

定番のうどの酢みそ和えを作ってみましょう。生のうどならではのシャキシャキの食感を堪能できます。隠し味の練りからしが効いたみそダレがさわやかで、うどのほろ苦い風味と相性抜群!クセになる味わいですよ。

鯛とウドの胡麻酢ダレ

おもてなしにもおすすめ!春に旬を迎える鯛とうどの胡麻酢ダレのレシピです。香りのよいうどと上品な味わいの鯛のお刺身を組み合わせて、甘酸っぱい胡麻酢をかけて仕上げました。とても簡単にお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

うどの辣白菜風

辣白菜とは、白菜を使った中華の甘酢ラー油漬けのことですが、うどでアレンジしてみました。特有の香りや味わいが楽しいうどに濃厚なタレが染み込み、コクのある一品に仕上がっています。山椒や鷹の爪のピリ辛風味が効いた甘酢ダレは、刺激的な味わいで箸が進みますよ。

うどのきんぴら

副菜にぴったりなごま油香るうどのきんぴらです。うどを皮ごと細切りにして炒め、甘辛く味つけしました。うどのほろ苦さとシャキッとした食感に、ごま油の香ばしさがたまらない一品です。春の香りを堪能できる一品なので、ぜひ作ってみてくださいね。

シャキシャキ美味しい 豚バラ肉とウドのさっと炒め

少ない材料でぱぱっと作れる、豚バラ肉とうどのさっと炒めのご紹介です。旨味たっぷりの豚バラ肉と春の香りのうどが好相性!コクのある豚バラ肉がほろ苦いうどの風味でさっぱりと召し上がれますよ。うどの下ごしらえなしでお作りいただけるので、忙しい日の夕食にもおすすめです。

ウドと高野豆腐の煮物

あともう一品がほしいときに!シャキシャキのうどと高野豆腐の煮物を作ってみませんか?じゅわっと煮汁があふれる高野豆腐と香り豊かなうどがよく合い、お箸がどんどん進むおいしさ!旨味たっぷりでホッとする味わいですよ。ぜひ今夜のおかずにいかがでしょうか?

ウドと牛肉の生姜の効いたしぐれ煮

生姜が効いた、ウドと牛肉のしぐれ煮もおすすめの一品です。牛肉を甘辛く煮込んだしぐれ煮に、香りのよいうどを加えてみました。濃厚な旨味たっぷりの牛肉と、うど特有のほろ苦い風味がよくマッチした大人の味わいです。お酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひお試しくださいね。

旬のうどを使って、食卓に春らしさをプラスしよう

いかがでしたか?春の味覚であるうどの特徴や下ごしらえの方法に加え、うどを使った絶品レシピなどをご紹介しました。うどはさまざまな調理法で楽しめることに加え、料理に加えることで手軽に春らしさをプラスすることができますよ。今回ご紹介したレシピも参考にして、うどを食卓に取り入れてみてくださいね。

クラシルでは、このほかにもうどを使ったさまざまなレシピをご紹介しています。そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ