最終更新日 2022.6.9

マンゴスチンの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

おいしいマンゴスチンの選び方

新鮮でおいしいマンゴスチンを選ぶポイントは以下の3つです。

■果皮に弾力があるもの

新鮮で食べ頃になったマンゴスチンは、果皮に水分を感じます。手で軽く触ったときにみずみずしく、弾力があるものを選びましょう。果皮が乾燥しているもの、かたくなっているものは鮮度が落ちています。避けるようにしましょう。

■ヘタが緑色をしているもの

マンゴスチンのヘタが緑のものは、鮮度が高い証拠です。時間が経過すると茶色や黄色がかった色に変色してしまいます。また、ヘタが枯れているものも鮮度が落ちているため、避けましょう。

■ふっくらと大きいもの

マンゴスチンは皮が厚く、可食部はさほど大きくありません。ふっくらと大きく、出来るだけ果肉のつまったものを選びましょう。濃い赤紫色をしている果皮に変色がないかどうかも確認しましょう。

果物の女王をおいしく味わおう

今回は、マンゴスチンの選び方と栄養価についてご紹介しました。日本ではあまり馴染みのない果物ですが、2003年に輸入が解禁になり、少しずつ国内での流通も増えています。ふっくらとかわいらしい見た目とジューシーな味わいのマンゴスチンを、家庭でも楽しんでみてくださいね。

クラシルでは、マンゴスチンの保存方法についても解説しています。ぜひ、参考にしてください。

マンゴスチンの保存方法|長持ちのコツ|水分をキープ
2 / 2ページ

人気のカテゴリ