2019.3.18

ひんやりプルプル!夏におすすめ水まんじゅうのレシピ7選

水まんじゅうとはどんなスイーツ?

水まんじゅうは、葛粉・砂糖・水を加熱しながら練り上げて作る透明の生地であんこを包んだ、水晶のように美しい日本の伝統和菓子です。

豊かな地下水に恵まれた岐阜県大垣で生まれました。

冷たい水で冷やして食べる和菓子で、夏の暑い日にも喉越し良く食べられることが魅力のひとつです。

葛粉以外にも、わらび餠粉、片栗粉などを作って作られることもあり、家庭にある材料で簡単に水まんじゅうを作ることできます。

透明感があり涼しげな水まんじゅうは、夏のおもてなしにもおすすめ!。

クラシルで紹介しているレシピを参考に、つるりとした食感の水まんじゅうを作ってみましょう。

夏に食べたい水まんじゅうの基本レシピ

わらび餅粉を作って作る水まんじゅうは、プルプルとした食感でとても美味しく仕上がりますよ。

こしあんを使っているので上品な味わいが楽しめます。

水まんじゅうの生地は、半透明になるまで中火で常に混ぜ合わせるのがポイントです。

半透明になってからもしっかりと混ぜ合わせて、ダマにならないように注意しましょう。

水まんじゅうは冷やしすぎると固くなるので、冷蔵庫ではなく氷水で冷やして召し上がってくださいね。

片栗粉を使っても美味しく作れる水まんじゅうレシピ

わらび粉や葛粉がなくても家庭にある片栗粉を使って、美味しい水まんじゅうを作ることができます。

こちらレシピでは、フライパンひとつで簡単に作ることができるので、料理初心者の方にもおすすめです。。

生地を加熱する際に白く濁っている場合は、粉っぽさが残ってしまわないようにしっかりと半透明になるまで加熱してくださいね。

丁寧に加熱することで、喉ごしの良い水まんじゅうが作れますよ。

人気のカテゴリ