2022.2.5

「ボリューミーな副菜がほしい!」あともう1品作りたいときの“鶏むね肉”レシピ5選

4.まいたけと鶏むね肉のさっぱりおろしポン酢和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

旨味のあるまいたけと鶏むね肉を、おろしポン酢でさっぱりと和えました。しっとりとした鶏むね肉とコリコリとしたまいたけの食感の違いが楽しく、思わず手の伸びる一品。さわやかな大根おろしにポン酢の酸味が効いて、最後までさっぱりと食べられますよ。豆もやしなどを加えてアレンジするのもおすすめです。今晩のおかずにいかがでしょうか。

材料(2人前)

  • 鶏むね肉・・・300g
  • (A)料理酒・・・大さじ3
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • まいたけ・・・100g
  • 塩こしょう・・・ひとつまみ
  • サラダ油・・・大さじ1/2
  • 大根・・・300g
  • ポン酢・・・大さじ3
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.鶏むね肉は皮を取り除いておきます。大根は皮をむいておきます。まいたけは石づきを切り落としておきます。
1.耐熱皿に鶏むね肉をのせて(A)をふり、ラップをかけ、火が通るまで500Wの電子レンジで5分程加熱します。
2.粗熱が取れたら一口大に割きます。
3.まいたけは一口大に割きます。
4.大根はすりおろして、軽く水気を絞ります。
5.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、3を入れてしんなりするまで炒め、塩こしょうをふり、火から下ろします。
6.ボウルに2、5、4、ポン酢を入れて混ぜ合わせます。
7.お皿に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

5.水菜と蒸し鶏の中華サラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あっさりとした塩味でいただく、水菜と蒸し鶏の中華サラダのご紹介です。蒸し鶏は電子レンジで作れるので、とっても簡単。シャキシャキとした水菜と長ねぎの食感が、蒸し鶏の旨味を引き立てます。鶏ガラスープの素を使っているので、簡単に味が決まるのもうれしいポイントです。ごま油の香りと七味唐辛子の辛味がアクセントになり、お酒のおつまみにもおすすめの一品ですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

-----蒸し鶏-----

  • 鶏むね肉・・・100g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 水菜・・・2束
  • 長ねぎ・・・10cm
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • 七味唐辛子 (仕上げ用)・・・小さじ1/4

作り方

準備.鶏むね肉は余分な皮や脂、筋を取り除いておきます。
1.水菜は根元を切り落とし4㎝幅に切ります。
2.長ねぎは半分の長さに切り、縦に切り込みを入れます。中の青い部分を取り除いて千切りにし、水に10分程さらして水気を切ります。
3.耐熱皿に鶏むね肉をのせて、フォークでまんべんなく穴を空け、料理酒を入れ、ふんわりとラップをかけます。500Wの電子レンジで中に火が通るまで5分程加熱し、粗熱が取り、一口大に割きます。
4.ボウルに(A)を入れ、よく混ぜ合わせ、1、2、3を入れ、全体に味がなじむまで和えます。
5.器に盛り付け、七味唐辛子をかけて完成です。

鶏むね肉で満足感のある副菜を作ろう!

いかがでしたか?さっぱりとした味わいで食べごたえのある、鶏むね肉レシピをご紹介しました。鶏むね肉は、電子レンジを使うと簡単に蒸しあがり、いろいろなメニューに活用できますよ。淡白な味わいでいろいろな野菜や味つけに合うので、アレンジも自由自在です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ