最終更新日 2022.6.9

「万願寺とうがらし」とは?食材の特徴やおすすめレシピをご紹介

万願寺とうがらし 活用レシピ

万願寺とうがらしの特徴について知ったところで、ここからは万願寺とうがらしのおいしさを活かした絶品レシピをご紹介します。焼いたり煮浸しにする定番の食べ方はもちろん、豚バラを組み合わせたゆず胡椒炒めやエスニックピーナッツ和えなどアレンジレシピもピックアップしていますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

生姜醤油がよく合う 焼き万願寺とうがらし

万願寺とうがらし農家さんに教えていただいた、シンプルにいただく焼き万願寺とうがらしのご紹介です。香ばしく焼いた万願寺とうがらしに生姜醤油と鰹節をのせるだけの簡単レシピ。ふっくらとした万願寺とうがらしに生姜醤油がよく合い、さっぱりと召し上がれます。万願寺とうがらしのおいしさをダイレクトに味わいたいときは、ぜひこのレシピをお試しください。

万願寺とうがらしと厚揚げの煮びたし 

おつまみにぴったり!万願寺とうがらしと厚揚げの煮びたしのレシピをご紹介します。万願寺とうがらしを食べ応え抜群の厚揚げと一緒に炊き合わせました。顆粒和風だしやしょうゆ、砂糖などで味つけした煮汁はほんのり甘くやさしい味わいで、一口食べればホッと癒されますよ。できたてはもちろん、冷やしてもおいしいので、ぜひ作ってみてくださいね。

万願寺とうがらしと豚バラ肉のゆず胡椒炒め

今夜のメインおかずに、万願寺とうがらしと豚バラ肉のゆず胡椒炒めはいかがですか?コクのある豚バラ肉の旨味が、万願寺とうがらしやナスと相性抜群!ゆず胡椒のさわやかな辛味が後を引く、リピート間違いなしの一品です。簡単にお作りいただけるので、ぜひお試しください。

万願寺とうがらしとザーサイのピリ辛炒め

和食のイメージが強い万願寺とうがらしですが、このレシピではザーサイや豆板醤などを加えて中華風に仕上げました。ピリ辛のタレが絡んだ万願寺とうがらしやキャベツにザーサイ特有の風味と塩味がアクセントになり、やみつきになるおいしさです。万願寺とうがらしをいつもとは違う食べ方で楽しみたいときは、ぜひこちらのレシピを試してみてくださいね。

万願寺唐がらしとさつま揚げの炊いたん

おばんざいを食べたくなったときにおすすめな、万願寺唐がらしとさつま揚げの炊いたんです。白だしやみりん、醤油などおうちによくある調味料で、具材をサッと煮るだけなのでとても簡単にお作りいただけますよ!やさしい味わいで、ごはんのおかずとしてはもちろん、おつまみにも最適な一品です。

万願寺とうがらしのエスニックピーナッツ和え

万願寺とうがらしはエスニック風にアレンジするのもおすすめです!濃厚でまろやかなピーナッツバターとスイートチリソースの甘みがたまらない、やみつき必至の一品!万願寺とうがらしのほろ苦さとピーナッツのコク、ベーコンの香ばしさが相性抜群で箸がどんどん進みますよ。おつまみにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

わさび香る 万願寺とうがらしの肉巻き

わさびのツーンとした辛味が魅力!万願寺とうがらしの肉巻きをご紹介します。このレシピでは万願寺とうがらしを大胆にまるごと使い、インパクトある見た目に仕上げています。香ばしく焼けた豚バラ肉の脂が万願寺とうがらしに染み込み、旨みたっぷりに仕上がりますよ!細長い形で食べやすく、ボリュームもある、満足度の高い一品です。

万願寺とうがらしの和風ペペロンチーノ

万願寺とうがらしを使って和風のペペロンチーノを作ってみませんか?万願寺とうがらしを大きめの輪切りにして、食感も楽しめる一品に仕上げました。ニンニクとアンチョビの風味が食欲をそそり、シンプルながらも飽きの来ない味わいです。しょうゆを加え、トッピングにかつお節をのせたほんのり和風の味つけが万願寺とうがらしと好相性ですよ!

万願寺とうがらしと豚肉のチャーハン

ボリューム満点な万願寺とうがらしと豚肉のチャーハンは、ランチにもぴったり!旨みたっぷりの豚ヒレ肉とほろ苦い万願寺とうがらし、ほんのり甘いたまごが絶妙にマッチしていて、食べ進める手が止まらなくなりますよ!オイスターソースで味つけしているのでコク深い味わいをお楽しみいただけます。具材を刻んで炒めるだけと簡単に作れるので、万願寺とうがらしが旬の時期にぜひ召し上がってみてくださいね。

主食から副菜まで、万願寺とうがらしを味わい尽くそう

いかがでしたか?今回は万願寺とうがらしの特徴や万願寺甘とうとの違い、活用法や絶品レシピなどをご紹介しました。万願寺とうがらしは炒め物や煮物などはもちろん、主菜や主食などさまざまな料理にアレンジできる野菜です。今まで万願寺とうがらしを使う機会がなかった方も、ぜひ今回のレシピを参考にしていただき、さまざまな料理で万願寺とうがらしを味わってみてくださいね。

クラシルでは、今回ご紹介したもの以外にも、万願寺とうがらしを使ったさまざまなレシピをご紹介しています。そちらもぜひ、参考にしてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

2 / 2ページ

人気のカテゴリ