2022.7.21

今夜のおかずやおつまみに!あと一品追加したい時にも使える“副菜”レシピ3選

献立にもう一品おかずが欲しいときに、手軽に作れるレパートリーがあると助かりますよね。今回は、覚えておくと便利なおすすめ副菜レシピをご紹介します。揚げずに作れるちくわの磯辺焼きや、チーズをのせたえのきベーコン巻きなど、お酒のおつまみにもおかずにもなるおすすめレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね!

1.揚げない!ちくわの磯辺焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

香ばしい食感の、ちくわの磯辺焼きをご紹介します。少ない油で揚げ焼きにしているので、時間のないときでも手軽にお作りいただけますよ。ちくわと青のりの組み合わせが絶妙で、ひとつ食べたら手が止まらなくなる一品です。オリーブオイルの代わりにごま油を使うと、また違った味わいが楽しめますよ。その日の気分に合わせてアレンジをお楽しみくださいね。

材料(2人前)

  • ちくわ・・・6本

-----衣-----

  • 水・・・大さじ4
  • 薄力粉・・・大さじ3
  • 青のり・・・大さじ1

  • オリーブオイル・・・大さじ3

  • マヨネーズ・・・大さじ2

  • 大葉(飾り用)・・・1枚

作り方

1.ちくわは3等分の斜め切りにします。
2.ボウルに衣の材料を入れて混ぜ合わせ、1をくぐらせます。
3.中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、2を入れ、衣がカリッとするまで両面3分ずつ焼き、火からおろします。
4.大葉を敷いたお皿に盛りつけ、マヨネーズを添えて完成です。

2.とろーりチーズの えのきベーコン巻き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろーりチーズが食欲そそる、えのきのベーコン巻きはいかがでしょうか。ベーコンとチーズの塩気が効いていて、お酒のおつまみにもぴったりの一品です。味つけにはめんつゆを使用するので、簡単に味が決まりますよ。大葉で巻いて食べたり、七味唐辛子をかけてピリ辛にしてもおいしく食べられます。忙しい日の副菜にもにおすすめのレシピです!

材料(2人前)

  • えのき・・・100g
  • 薄切りロングベーコン・・・6枚
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ1
  • 有塩バター・・・20g

作り方

1.えのきの石づきを切り落とし、6等分にします。
2.薄切りロングベーコンで1を巻き、巻き終わりをつまようじで留めます。
3.中火で熱したフライパンで有塩バターを溶かし、2の巻き終わりを下にして焼き色がつくまで焼きます。
4.めんつゆを回し入れ、中火で全体に絡めたら、弱火にし、ピザ用チーズを散らして蓋をし、チーズが溶けるまで5分蒸し焼きにします。
5.火からおろしてお皿に盛りつけて完成です。

3.1本丸ごと食べられる 無限にんじん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

にんじんを丸ごと1本使って作る、無限にんじんレシピのご紹介です。ほどよい食感のにんじんに旨みたっぷりのツナとすりごまが絡み、箸の止まらないおいしさ!電子レンジで簡単に作れるので、ほかの料理と同時進行で作れるのもうれしいポイントです。にんじんが冷蔵庫に余っているときにもおすすめのレシピです。ぜひ作ってみてくださいね!

材料(2人前)

  • にんじん (120g)・・・1本
  • ツナ油漬け (正味量・50g)・・・1本
  • (A)白すりごま・・・大さじ2
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1/2
  • (A)かつお節・・・5g

作り方

1.にんじんは皮をむき、ヘタを切り落とし、長さ5cmの千切りにします。
2.耐熱ボウルに1を入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱します。
3.ツナ油漬け、(A)を加えて混ぜ合わせ、お皿に盛りつけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

便利な副菜のレパートリーを増やそう!

今回は、おかずやおつまみがあと一品欲しいときに便利な「副菜レシピ」をご紹介しました。パパッと作れる副菜のレパートリーがたくさんあれば、毎日のごはん作りが楽になりますよね。今回紹介したレシピはどれも短時間で手間をかけずに作れるお手軽レシピなので、ぜひ試してみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ