最終更新日 2022.6.9

「おでん」の具といえばこれ!おすすめの具材をまとめてご紹介

大根の下処理方法

おでんの主役でもある大根は、下ごしらえのひと手間でおいしさが引き立ちます。ほかの料理に応用することもできますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

基本の大根下茹で方法

大根は十字に切り込みを入れて、生米や米のとぎ汁と一緒に下ゆでします。お米に含まれるでんぷん質が大根のアクを取り除き、甘味がグンと増して味が染み込みやすくなりますよ。

アレンジ自在!おすすめのおでんレシピ

続いては、おすすめのおでんレシピをご紹介します。おでんは出汁と具材の組み合わせを変えることでさまざまなアレンジを楽しめるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

味がしみて美味しいシンプルおでん

定番の具材を使った、シンプルなおでんです。こちらのレシピは顆粒和風だしを使っているので、下ごしらえした具材を煮込むだけと手軽にお作りいただけます。別の鍋で大根を米と一緒にゆでたり、こんにゃくを水からゆでるなど、具材を丁寧に下ごしらえすることで絶品おでんができあがりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

シビ辛調味料で味変 やみつきおでん

普段とはひと味違うおでんを楽しみたいときは、ピリ辛味にするのがおすすめです。豆板醤やオイスターソースを使ったピリ辛出汁に、手羽先や練り物の旨味が加わってやみつきになるおいしさ!山椒風味のシビ辛調味料をつけていただけば、ついついお酒が進んでしまいそうですね!

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

クセになるおいしさ カレー風味のおでん

家族みんなで楽しめる、カレー風味のおでんをご紹介します。顆粒和風だしにカレールーを加えるだけで、簡単に風味豊かでコクのある味わいのおでんに仕上げることができますよ!残った出汁にうどんを加えて、カレーうどん風にアレンジするのもおすすめです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

豆乳キムチおでん

意外な相性がクセになる、豆乳キムチおでんです。おでんをキムチ味にするとは驚きですが、キムチと練り物は韓国でも人気の組み合わせなんですよ!こちらのレシピは火の通りが早い具材を使っているので、煮込む時間が短く手軽にお作りいただけます。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

番外編 おでんのリメイクレシピ

おでんが少しだけ余ったら、ほかの料理にリメイクしてみましょう!どれも出汁のおいしさを活かしたレシピばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おでんリメイク 山椒の和風カレー

カレールーで手軽に作れる、おでんのリメイクカレーです。山椒がピリッと香る和風な味わいは、ごはんにぴったり!ベースが和風出汁なので、昆布や大根なども違和感なくいただけますよ。

おしゃれにリメイク おでんとアサリのアクアパッツァ

おでん出汁でアクアパッツァを作ると、旨味たっぷりに仕上げることができます!ニンニクの風味やトマトの酸味がいいアクセントになり、食べ進める手が止まらなくなること間違いありません!

おでんリメイク 旨味たっぷり茶碗蒸し

おでんが余ったら、ぜひ作っていただきたいのが茶碗蒸しです。おでんの具材と出汁をリメイクすれば、味つけをする手間がなく簡単にお作りいただけますよ!こちらのレシピは電子レンジで加熱しているので、いつでも手軽に楽しめるのもうれしいですね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

さまざまな具を試してみよう!

定番のおでんの具やおすすめのレシピ、基本の下ごしらえなどをご紹介しました。おでんは具材や出汁の組み合わせを変えることで、さまざまな味わいにアレンジすることができます。余ったおでんはカレーや茶碗蒸しにリメイクすれば、最後まで飽きることなくお楽しみいただけますよ。

クラシルでは、ほかにもさまざまなおでんレシピをご紹介しています。そちらも合わせて参考にして、ぜひお気に入り具材を見つけてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

3 / 3ページ

人気のカテゴリ