2021.11.15

【にんじんしりしり】の基本レシピと、箸が止まらない人気アレンジ6選

とまらない美味しさ にんじんしりしり

甘辛い味わいでごはんが進む、にんじんしりしりをご紹介します。最初にご紹介したレシピは塩のみで味つけしましたが、このレシピではしょうゆや砂糖、顆粒和風だしを使って甘辛く仕上げました。ごま油といりごまの香ばしい香りが食欲をそそり、箸が止まらなくなること間違いなし!ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもおすすめの一品です。

味つけした後、炒めながら水分を飛ばすと、にんじんに味がしみ込んでおいしく仕上がりますよ。にんじんは細かく千切りにすると、火が通りやすくふわっとした食感になり、粗めの千切りにして強火でサッと火を通すとシャキッとした食感をお楽しみいただけます。お好みで試してみてくださいね。

にんじんしりしり明太子炒め

にんじんしりしりに旨みたっぷりの明太子を加えて炒めました。明太子のほどよい塩気が、にんじんの甘みと旨みを引き立て、絶品!にんじんに絡んだ明太子のぷちぷちとした食感も楽しく、お酒のおつまみに最適ですよ!いつもとひと味違うにんじんしりしりを食べたくなったら、ぜひこのレシピをお試しください。

加熱すると固まってほぐれなくなるので、明太子の皮は取ってから加えましょう。弱火にしてから明太子を入れて、菜箸でよく混ぜながら加熱します。あまり火を通さなくても十分おいしいので、火の通り具合はお好みで調整してみてくださいね。

豚ひき肉入りにんじんしりしり

シンプルなにんじんしりしりはアレンジも自由自在!このレシピでは、豚ひき肉とニラを加えて色鮮やかな一品に仕上げました。味つけにはおなじみの和風だしではなく、鶏ガラスープを使っているので、いつものにんじんしりしりとはまた違った味わいをお楽しみいただけます。もちろん和風だしを使っても、おいしくお作りいただけますよ。にんじんに豚肉の旨みがからみ、ニラの風味もアクセントになっていてごはんもお酒も進む味わいに仕上がっています。早速、今夜の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。

卵は加熱しすぎて食感が悪くならないように、最初に火を通してから別容器に取り出しておきます。同じフライパンで豚肉、にんじんを炒めてから卵を戻し入れると、しっとりとしたほどよい食感に仕上がりますよ。ニラは火が通りやすいので、最後に加えてサッと炒めるのがおいしく仕上げるコツです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ