2019.5.28

もちもち食感が食べごたえ抜群!リングイネのアレンジレシピ5選

リングイネとは?

リングイネは長さ26cmのロングパスタの一種で、イタリア表記で「linguine」となります。日本表記だとリングイーネやリングィーネ、リンギーネなどいろいろな表記がありバラツキがあります。リングイネの語源は「舌」を意味する「lingua(リンガ)」ですが、イタリア南部一帯では、「スズメの舌」という意味を持つ「lingua di passero (リングア・ディ・パッセロ)」リグーリア州では、「小さなよだれ」という意味を持つ「bavette (バヴェッテ)」などと呼ばれています。

その形もとても特徴があります。一般的なパスタ(スパゲッティ)の断面が丸いのに対して、リングイネは短径1mm、直径3mmの楕円形をしており、少しつぶれた形をしています。このような形状からソースが非常に絡みやすく、どんなソースとも相性が抜群です。ここからは、リングイネを使ったレシピを5つご紹介します。

バジルが香る!パスタの王道ジェノベーゼ

モッツァレラチーズとミニトマトの風味が、イタリア料理らしいパスタです。こちらのレシピでは市販のジェノベーゼソースを使っていますが、摘みたてのフレッシュバジルがあればぜひ手作りしたジェノベーゼソースを使ってみてください。モッツァレラチーズが溶けてきたころにリングイネを加えて、全体にさっと味を馴染ませるのがおいしく作るポイントです。

ソースがしっかり絡んでおいしい!タコとしらすのペペロンチーノ

リングイネを使って、ニンニク風味たっぷりのペペロンチーノはいかがでしょうか。オリーブオイルでにんにくを炒めた後は、パスタのゆで汁を入れてしっかり乳化させましょう。薄切りにしたタコとしらすを入れたら、できるだけサッと炒めて仕上げるのがおいしく作るポイントです。釜揚げしらすに塩気があるので、塩の入れすぎには注意してくださいね。ワインだけではなく日本酒にも合う和風のパスタです。

人気のカテゴリ