2019.7.24

【皿うどん】の簡単レシピ、飽きないアレンジ5選!

皿うどんとは

パリパリした麺に具材たっぷりのあんかけをかけて食べる、長崎名物「皿うどん」。今や多くの人が知っている料理ですが、実はそのルーツは日本ではなく海外からの影響を受けた一品なのです!

皿うどんはスープが無く、平らな器に盛られる焼きそばのような中国料理です。もともとはちゃんぽんを考案した陳平順という料理人により作られ、今でも長崎では当時使われていた海外からの輸入ソースが親しまれています。

イカやエビ・きくらげ・キャベツなど定番の具材を使った皿うどんが一般的ですが、暑い時期にぴったりの冷製風や洋風のものなど、いつもとはひと味違ったアレンジを加えてもおいしくお召し上がりいただけますよ。今回ご紹介するレシピを参考に、ぜひ皿うどんを作ってみてくださいね。

ボリュームたっぷり!具だくさん皿うどん

定番の皿うどんといえば、具材がゴロゴロとたっぷり入った五目皿うどんですよね。 こちらのレシピは、お肉の他に小松菜やにんじんなど野菜もたっぷり!さらにうずらの卵も入るので食べごたえも抜群です!食感の楽しいヤングコーンやきのこ類を加えてアレンジするのもおすすめですよ。ボリュームがあるので、育ち盛りのお子様や男性にも喜ばれること間違いなしです。

シーフドミックスで手間なし簡単!定番皿うどん

続いても、定番の皿うどんをご紹介します。シーフードミックスと豚肉、野菜をたっぷりと使って、味わい深い一品に仕上げました。 お好みでお酢やからしなど、自分好みのトッピングで味の変化をお楽しみくださいね。 揚げ麺はあんかけをかけてから時間が経つとパリパリ感が少なくなってしまうので、食べる直前にかけてお召上がりください。

人気のカテゴリ