2019.5.30

ごはんもお酒もすすむ!西京焼きの作り方とアレンジレシピ5選

こっくりと甘く香ばしい西京焼き

西京焼きとは、京都特産の西京味噌(白みそ)を使ったみそ床に、魚を漬けて焼いた料理のことです。甘みが強く香り高い西京味噌に魚を漬けることで、こっくりとした旨味が加わり、焼き上がりは香ばしいみその香りが楽しめます。魚の種類は鮭、ブリ、銀ダラ、サワラなどがよく使われますが、最近では鶏肉や豚肉を使うこともあります。それではさっそく西京焼きのレシピをチェックしてみましょう。

フライパンで簡単!鮭の西京焼き

まず最初にご紹介するのは、定番の鮭の西京焼きのレシピです。みそ床は白みそ、酒、みりんを混ぜるだけなのでとても簡単に作ることができますよ。軽く塩をふった鮭を30分程度漬け込み、フライパンでじっくりと焼けばできあがり!香ばしく焼きあがった白みその香りと、甘くコクのある味わいがごはんのおかずにぴったりです。焦げ付きやすい西京焼きも、フライパンを使うことで火加減の調整がしやすくなります。料理初心者の方でも失敗が少ないレシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。

ジュワッと脂の乗ったブリは格別の味わい

たっぷりと脂がのったブリも、西京焼きに向いた魚のひとつです。みそ床をラップに薄く伸ばしてからブリを包むように漬けることで、少ない量のみそで漬けることができます。フライパンで焼くときにみりんを絡めることで、照りが出て香ばしく焼きあがりますよ。ひとくち食べればブリの脂がジュワッとしみ出て、格別の美味しさが楽しめます。冷めてもパサつきにくく美味しくいただけるので、お弁当に入れても喜ばれますよ。

人気のカテゴリ