2019.5.27

自慢のレパートリーがどんどん増える!トマト缶を使ったレシピ5選

トマト缶の魅力

トマトの旨味がギュッと詰まったトマト缶。

時間のあるときにはたっぷりと自家製のトマトソースを作ったり、忙しいときにはスープに使ったりと、いろいろな料理に重宝します。  

トマト缶には「ホールトマト缶」(まるごとのトマトの水煮)と「カットトマト缶」(角切りトマトの水煮」があります。じっくりと煮込む料理には果実の甘みと種の酸味が詰まったホールトマト缶を、短時間での調理やトマトの果実味を味わいたい時はカットトマト缶を使うことをおすすめします。今回は両方のトマト缶の美味しさをを引き出すレシピを5つご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

憧れの本格ボロネーゼ

まずはじめにご紹介するのは、本格的なボロネーゼです。トマト缶とパスタは最高の相性ですよね!こちらではペンネを使用していますが、お家にあるものやお好みのショートパスタでもOK!牛挽肉と玉ねぎを丁寧に炒めて、旨味を引き出すのがポイントです。トマト缶と赤ワインを入れたら全体がなじむまでしっかり煮詰めていくと、コクのあるボロネーゼソースに仕上がります。

野菜がたくさん摂れる!濃厚トマトスープ

続いて、程よい酸味が食欲をそそるトマトスープはいかがですか?   

ニンニクに焼き色をつけ、香りがしっかり立つまで弱火で炒めることで、コクのあるトマトスープになります。野菜はこの他にもにんじん、セロリ、ズッキーニ、豆類などお好みのものを入れてアレンジし、ぜひ自分好みのトマトスープを作ってみてくださいね!

人気のカテゴリ