最終更新日 2019.6.12

レンズ豆のおすすめレシピ8選!サラダやスープに

レンズ豆とは?

レンズ豆は日本ではひら豆とも呼ばれ、昔から食べられてきた食材の一つです。

凸レンズの形に似ていることから、レンズ豆と名付けられました。

カレーやスープなどの煮込み料理と相性が良くフランス料理などでもよく使われています。

日本では、乾燥されているものが多く販売されていますが、浸水なしですぐ調理できるが特徴です。

レンズ豆には皮付きと皮なしのものがあり、皮付きのレンズ豆は崩れしにくいため、サラダなど食感を楽しむ料理に向ています。

皮なしのものは煮崩れしやすいですが、その特徴を利用してスープなどにとろみをつけることができます。

朝食にもおすすめ!具だくさんレンズ豆スープ

レンズ豆を使った具だくさんスープは朝食におすすめです。

レンズ豆と数種類の野菜を加えてコンソメスープで煮込むだけで、ボリューム感ある一品に。

レンズ豆のホクホクとした食感と野菜の旨みを感じることが出来る、優しい味わいが楽しめます。

食欲が増す!カレー風味のレンズ豆スープ

鶏肉と野菜をたっぷりと入れたレンズ豆のカレースープレシピです。

食欲をそそるカレー風味で具だくさんで食べごたえもあるので、小腹が空いた夜食にもおすすめです。

鶏もも肉以外でも鶏のささみなどを使えば、更にヘルシーに仕上げることもできますよ。

浸水無しで使えるレンズ豆は、簡単にボリュームアップできるのでスープなど煮込み料理におすすめです。

人気のカテゴリ