大豆入り♪うどんスープで関西風?コロッケ

材料(約10個分) じゃがいも(メークイン) 2個(正味280gくらい) 大豆水煮 1袋(200g) 玉ねぎ(みじん切り) 50g 合い挽き肉 100g サラダ油(オリーブ油) 小さじ1 塩・コショウ 少々 ヒガシマル「うどんスープ」 1袋 ★パン粉 50〜55g ★サラダ油(オリーブ油) 大さじ2強 溶き卵 1個分 小麦粉 適量
うちのコロッケは味付けがとっても簡単でノンフライ♪今回はじゃが芋の一部を大豆に変えてよりヘルシーにしてみました☆ 作り方 [1] まずは★印のパン粉とサラダ油で「こんがりパン粉」を作ります。 [2] 耐熱皿にパン粉を入れてサラダ油を満遍なくまぶし、ラップなしでレンジ(950W)で5〜6分、途中3回程取り出し混ぜて加熱。 [3] 焦がさないように気をつけながら、パン粉がキツネ色になればOKです。(普通に揚げて作りたい時はここまでの手順は省いてね) [4] 玉ねぎをみじん切りにしフライパンにサラダ油を熱し炒めます。透き通ってきたら挽き肉を加えて炒め、塩・コショウで味を整えます [5] 今回じゃが芋はホクホク感が苦手な家族のためにあえてメークインを使用。皮をむき、適当な大きさに切ります。 [6] 鍋に水と【5】を入れて火にかけます。茹でてる間に水気を切った大豆水煮を耐熱性の器に入れ、レンジ(500W)で1分程加熱。 [7] 取り出してマッシャーである程度大豆の粒がなくなるまで潰しておきます。 [8] 【6】のじゃが芋が茹で上がったらザルにあげ、熱いうちに潰して先ほどの大豆も入れてうどんスープの素を加えて混ぜます。 [9] 【4】で炒めたひき肉と玉ねぎも加えてよく混ぜたら、それを10分割して小判型にまとめて冷めるまでしばらく置いておきます。 [10] 天板の上にクッキングシートを敷き、小麦粉→溶き卵→「こんがりパン粉」の順にまぶして並べ、200度のオーブンで18分加熱。 [11] これで出来上がり♪・・なのですが、オーブンレンジならではの、さらにサクサク感がアップする方法が☆ [12] オーブン加熱終了後、そのままレンジに切り替え950Wで約20秒加熱し、続けてトースター機能で約4分加熱します。 [13] するとさらにさらにサクサク感がアップ!調理後、時間が経って冷めてしまった場合にも、温め直しとしてこの方法が使えます。 [14] うどんスープでしっかり味なので、ソースなしでも充分美味しくいただけます。 [15] うどんスープはこちらを使用。同じヒガシマルでも少しお安い茶色っぽい箱(徳用)ではなく、こちらがオススメ♪ ■コツ・ポイント こんがりパン粉を作る際には、お皿が大変熱くなりますので火傷に充分気をつけてください*レンジのW数やオーブンの温度は、お手持ちの機種に応じて調節してくださいね。ちなみにオーブンの余熱は210度で行いました。 ■このレシピの生い立ち ある日、店頭に大量に並んでいた大豆水煮を見て“うどんスープで関西風?ポテトコロッケ”をアレンジしてみました(*´∀`*)やっぱヒガシマルさん最高です!(笑) ーーーーーーーー こんがりパン粉で揚げないフライ♪の材料はこちら  ーーーーーーーー 材料(4人分で使い切りやすい量) パン粉 60g サラダ油やオリーブ油 大さじ2 小麦粉 適量 卵 1個 ■☆お好きな具材 ーーーーーーーー こんがりパン粉で揚げないフライ♪のレシピはこちら ーーーーーーーー 作り方 [1] まず初めに“こんがりパン粉”を作ります。これが決め手です。 [2] 油をパン粉全体によくまぶし、レンジで加熱します。大きめの耐熱容器に入れてください。 [3] ラップなしでパン粉がキツネ色になるまで加熱します。機種にもよりますが600W~950W使用で時間は4〜6分程度です。 [4] そのとき、途中で何回か取り出してパン粉の色を確認しながら加熱していってください。その都度全体をよく混ぜてね。 [5] 加熱前の色です。(ラーメン鉢ですみません!) [6] 少し加熱してこんな感じ。まだまだこんがりにはほど遠いですね。 [7] だんだん色付いてきます。器も熱くなっているので、取り出すときには火傷に注意!!ミトンなどを使って下さい。 [8] そして完成♪このくらいの色が私の好みです。通常のフライの出来上がりの色を目安に。 [9] こんがりパン粉が完成したら、あとはお好きな具材を準備。豚肉・鶏肉・海老・コロッケ・何でもOKです♪ [10] それらの具材を小麦粉→溶き卵→こんがりパン粉の順につけていきます。最初の小麦粉はしっかりつけておくほうがいいと思います。 [11] 天板にシートを敷き、重ならないように並べます。 [12] 210度のオーブンで、海老など火の通りやすい物なら13分、コロッケなら18分、お肉系なら20分を目安に焼いていきます。 [13] 火をしっかり通したいものほど長めに焼いてくださいね。オーブン加熱なので電話やチャイムが鳴ってその場を離れても安心です♪ [14] 【さらにサクサクに仕上げるコツ】機種的に可能なオーブンレンジであれば、オーブンで焼いた直後取り出さずにそのまま [15] レンジ加熱(500W)を数十秒〜1分半→トースターグリル機能(パンをトーストする機能)約4分を連続追加します。 [16] するとよりサクサク感がアップ!(揚物をサクっと温め直すオーブンレンジの機能を手動化したものを応用しています) [17] 例えばチキンカツなら、そぎ切りにした鶏肉にまぶしてオーブンに入れるだけ。胸肉でもしっとりパサつかずジューシな仕上がりに♪ [18] 薄切り豚肉2枚の間にチーズを挟んだチーズ豚カツや、カキフライも作れます。 [19] 油の使用量が少ないのでお好きなヘルシーオイルで出来ますし、こんがりパン粉だけ多めに作って冷凍保存しておくことも可能です。 [20] 今まで色んなヘルシーフライ法を試してきましたが、私の中でこれが一番ほんとの揚げ物に近くて美味しい調理法でした。 [21] サラダ油の分量は大さじ1半くらいでも大丈夫です。少なくなるほどあっさりと軽いサクサク感に。