ふんわり湯種食パン レシピ・作り方

材料(4~5人分) 食パン型 1斤分 強力粉 190g 薄力粉 50g 無塩バター 30g グラニュー糖 25g 塩 5g インスタントドライイースト 3g 牛乳 160ml *** 湯種 *** 強力粉 60g 熱湯 50ml
作り方 [1] 食パンを作る1時間前くらいに、湯種を作っておく。 [2] 湯種用の強力粉を耐熱ボウルに入れる。 [3] ボウルに熱湯(90℃以上)を入れ、ひとまとまりになるまでゴムベラで混ぜる。 [4] 湯種をラップで包み、室温で30分~1時間くらい休ませる。湯種生地の温度を常温まで下げるため。 [5] ホームベーカリーのパンケースに強力粉、薄力粉、グラニュー糖、塩、イースト、無塩バター、湯種、牛乳を入れ、生地作りコースでパン生地を捏ねる。 [6] 湯種はラップから出す時、かなりベタつき、ラップに張りついているのでスケッパーを使用して剥がすように取り出してください。 [7] 生地が出来あがったら、ガスを抜き、2分割する。生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。かたくしぼった ぬれ布巾をかけ、ベンチタイム10分。 [8] ベンチタイム終了後、生地を麺棒でそれぞれ縦20X横15cmの長方形に伸ばす。 [9] 生地の手前から1/3を折り返し、手のひらで全体を押さえる。 [10] 向こう側から1/3を折り返し、手のひらで全体を押さえる。 [11] 三つ折りした生地の向きを90度変え、重ねた生地の厚みが均等になるように めん棒で縦24cm位に伸ばす。 [12] 手前から ふんわりと巻く。巻き終わりをつまんで しっかりとじる。 [13] とじ目が下に、渦巻の面が横側面にくるように型に並べて入れる。この時、生地を型の両端に寄せると均等に膨らみます。 [14] 型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い、40℃で50分前後、二次発酵させる。発酵完了後、すぐにオーブンの予熱を入れる。(200℃) [15] オーブンの予熱中も発酵が進むので、最終的に生地の一番高い部分が型より1cmくらい出たらOK。 [16] 200℃に予熱したオーブンで、25分焼く。 [17] 焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから型ごとストンと落とし、ショックを与える。すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。 [18] 焼きあがった食パンにショックを与えるのは、ガスを抜くためと、側面の腰折れを防ぐためです。 [19] オーブンの種類、使用年数により、焼き具合は若干異なる為、火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミホイルをかけて残り時間を焼いてください。 [20] 使用した食パン1斤型のサイズ (内寸) :198(185)×97(85)×高96mm きっかけ 湯種食パンのレパートリーを増やすため、何度も試作した中で一番、美味しかったので。 おいしくなるコツ 仕込み水の牛乳の影響でクラストは濃い目の褐色。クラムは白く、きめ細かく、ふわふわ、しっとりした食感です。生食でもトーストでも両方、おいしくいただけました。