クルミとラムレーズンの山食パン レシピ・作り方

材料(4~5人分) 食パン型 1斤分 強力粉 200g 薄力粉 100g スキムミルク 大さじ2 グラニュー糖 30g 塩 5g 無塩バター 30g インスタントドライイースト 5g 水 200ml *** 混ぜ込み用 *** クルミ 40g ドライレーズン 120g ラム酒 (漬け込み用) 大さじ2
作り方 [1] ドライレーズンはぬるま湯で丁寧に洗い、コーティングオイルを落とす。水切り後、ペーパータオルで水分をふきとる。 [2] ①のドライレーズンをラム酒に漬ける。できれば2~3日以上、漬け込むと風味が増して美味しいです。私は冷蔵庫で3日間程度、漬け込みます。 [3] ②のドライレーズンを使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり取り除いておく。 [4] クルミは 160℃ (予熱なし) のオーブンで10分、ローストし、5mm角に砕いておく。 [5] ホームベーカリーのパンケースに強力粉、薄力粉、スキムミルク、グラニュー糖、塩、イースト、無塩バター、水を入れ、生地作りコースでパン生地を捏ねる。 [6] クルミはレーズンナッツ容器にセットし、「レーズン:選択」を押して「あり♪」を選択し、自動投入する。 [7] ホームベーカリーの「捏ね」の工程から「発酵」に入った直後にパンケースから生地を取り出し、生地を手で押し広げ、ラムレーズンを生地全体に広げ、ムラなく混ぜ込む。 [8] 混ぜ込む際はラムレーズンを潰さないように気をつけてください。何度かたたき捏ねを加えるとまとまりやすくなります。生地に具材が均等に混ざったら、生地を張らせながら丸める。 [9] 耐熱ボウルに生地を入れる。ラップをふんわりかけ、オーブンで一次発酵させる。目安:40℃で40~50分前後 [10] 一次発酵の見極めは生地の大きさが約1.5~2倍くらいに膨らんでいたらOKです。一次発酵をじゅうぶんにとることが成功の秘訣です。しっかりと発酵させてください。 [11] 一次発酵の見極め方はフィンガーテストをします。人差し指の第二関節まで強力粉(分量外)をつけ、生地にそっと指を差し込み状態を確認する。穴が戻らなければ発酵完了です。 [12] フィンガーテストをして、穴がふさがった場合は、発酵不足なので もう一度、オーブンにもどし、5分位ずつ発酵を延長して様子をみる。 [13] 発酵後、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、3分割する。生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。かたくしぼったぬれ布巾をかけ、ベンチタイム15分。 [14] ベンチタイム終了後、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸め直す。 [15] 食パン型に先に丸めた生地から順番に並べる。型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い、40℃で45分前後、二次発酵させる。 [16] 二次発酵完了の目安は山のてっぺんが型の高さ 1cm位上まで上がっていたらOK。190℃に予熱したオーブンで、28分焼く。 [17] 焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから型ごとストンと落とし、ショックを与える。すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。 [18] 焼きあがった食パンにショックを与えるのは、ガスを抜くためと、側面の腰折れを防ぐためです。 [19] オーブンの種類、使用年数により、焼き具合は若干異なる為、火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミホイルをかけて残り時間を焼いてください。 [20] 使用した食パン1斤型のサイズ (内寸) :198(185)×97(85)×高96mm きっかけ クルミとラムレーズンが残っていたので山食を焼きました。 おいしくなるコツ ほんのり甘いパン生地に甘いラムレーズンをたっぷり混ぜ込んでいるので何もつけなくても美味しいです。そのままでも美味しいですが、軽くサクッとトーストしても美味しかったです。娘はクリームチーズをぬって食べていました。