絹さやとツナのカルボナーラ風

材料(2人分) 絹さや 10本 豆乳 200ml 卵 1個 野菜ブイヨン(粉末) 4g 天日塩 小さじ1 黒胡椒 少々(お好み) パスタ麺 2人分 ツナ 1缶
作り方 【1】 絹さやは水洗いし、下処理をしておきます。 【2】 ボールに豆乳、生卵、野菜ブイヨンを入れ、よく混ぜ合わせておきます。 【3】 パスタ麺と下処理しておいた絹さやはお好みの硬さに茹でますが、パスタ麺はアルデンテがオススメです。 【4】 ボールに②と③、油をきったツナを入れ、全体をよく混ぜ合わせます。仕上げに天日塩と黒胡椒でお好みの味に調整します。 【5】 お皿に盛りつけて完成です。 きっかけ ちょっと火の加減を間違えると失敗しがちなカルボナーラも、後から混ぜる方式ソースなら失敗いらずです。味もしっかりカルボナーラでとても美味しくできます。 おいしくなるコツ 絹さやの下処理で、筋取りをすることで口当たりが良くなります。また、茹でたあと水にさらすことで、鮮やかな緑色を出すことができます。