バタートップ食パン@ホシノ天然酵母 レシピ・作り方

材料(4~5人分) 食パン型 1斤分 強力粉 250g 薄力粉 50g 無塩バター 25g スキムミルク 大さじ1 三温糖 25g 塩 5g 水 160ml ホシノ天然酵母生種 (醗酵させたもの) 25g 無塩バター (焼成用) 5g
作り方 [1] 水をレンジの「お好み温度設定機能」を使い、30℃に温めておく。目安は人肌より若干ぬるい感じです [2] 羽根をセットしたホームベーカリーのパンケースにホシノ天然酵母生種 (醗酵させたもの)を入れる。ホシノ天然酵母生種は必ず、スプーン等でかき混ぜてから計量してください。 [3] ホシノ天然酵母の上に強力粉と薄力粉を山高になるように入れ、三温糖、塩、スキムミルク、無塩バターを入れ、パンケースを本体にセットする。 [4] 30℃に温めた水を注ぎ入れ、本体の蓋を閉める。ホームベーカリーの天然酵母の生地作りメニューを選択し、発酵時間を3時間30分に設定する。スタートボタンを押す。 [5] 生地が出来上がったら、生地を手のひらで軽く押さえて、ガスを抜き、正確に計量して4分割する。生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸める。 [6] 丸めた生地に かたくしぼったぬれ布巾をかけ、15分間、ベンチタイムをとる。生地がベタつく時は乾燥したキャンバスシート (帆布) や乾いた布巾をかけて下さい。 [7] ベンチタイム終了後、生地を同じ力加減で、同じ大きさになるように張らせながら丸めなおす。 [8] 型の上から ふんわりとラップをかけ、オーブンの発酵機能を使い35℃で約2時間前後、二次発酵させる。季節によって発酵の進み加減が違うので自分の目で確認してください。 [9] 二次発酵完了の目安は生地が型の高さと同じくらいまで上がっていたらOKです。 [10] 二次発酵後、キッチンバサミで生地の中央に深めに切込みを入れる。切込みに焼成用の薄く切った無塩バターを並べる。 [11] オーブンを180℃で予熱しておき、発酵終了後、180℃で30分、焼成する。 [12] 焼きあがったら、すぐにオーブンから取り出し、少し高いところから型ごとストンと落とし、ショックを与える。すぐに型から取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱をとる。 [13] トップにバターをのせて焼くので焦げやすくなります。ある程度、焼き色がついたら生地の上にアルミホイルをかぶせて焼き上げるのがおすすめ。 [14] オーブンの種類、使用年数により、焼き具合は若干異なる為、火力が強いようなら、焼き色がついたらアルミホイルをかけて残り時間を焼いてください。 [15] ホームベーカリーの天然酵母コースは機種やメーカーによってセットの仕方など違いがありますので、仕様書をご確認下さい。 [16] 天然酵母の生地作りに使用したホームベーカリーはエムケー精工のHBH-100(1斤タイプ)です。2009年製。 [17] 使用した、斜紋アルタイト食パン 1斤型。型のサイズ (内寸) :185(173)X94(89)X高89mm きっかけ ホシノ天然酵母のパンはリーンなパンというイメージですがリッチ生地でふわふわ&ソフト食感のパンも作れるということを証明したかったので♪ おいしくなるコツ ホシノ天然酵母のパンは温度管理が重要です。生地作りに使用する水分は必ず30℃に温めてください。人肌より若干ぬるい感じです。焼成は低温で焼くことでソフトな食感になります。