ごはんがすすむえのきとタラコの佃煮風

レンジで2分!えのきとたらこの佃煮風 ▶︎デトックス 季節を楽しく!美味しく!健康に! 気象予報士のお天気ママです 10/26火曜日の東京、 昨日からの雨は止んで、 昼にはきれいな青空が広がりました 今週は北日本を除いては、 高気圧に覆われて晴れる日が多くなりそうですね 最近、新米が出回って、ご飯の美味しい季節になりしたね 我が家でも姑から送ってもらった新米が美味しくて、 多めに炊いたごはんもすぐになくなってしまいます 新米と一緒に食べたくなるのが佃煮 私個人的に、きのことタラコの組み合わせてが好きでよく作るのですが、 先日は、えのきとタラコを合わせたら、 私好みの佃煮風が出来ました タラコは火を入れすぎないために、 えのきだけ先にレンチンをして、 最後にタラコを混ぜれば、 ほんとに簡単に佃煮風が出来上がります ■えのき茸は、薬膳では、 デトックス効果や便通をよくする働き 栄養学の観点からでは、 疲労回復のビタミンB1や、 免疫アップのβグルカンが含まれていて、 パワーチャージ、風邪予防などの働きがあります ■たらこも、 疲労回復や免疫アップの効果 季節の変わり目のこの時期におすすめの佃煮です 話は全然変わるのですが、 秋が深まって、お肌の乾燥が気になるようになりました 原因はね、大きく分けるとふたつ ①気温低下で体の内側から外気に移行する水分が減るので、 その通り道である肌の水分量が減ること ②空気が乾燥すること 3枚目の写真は、明治9年から昨年までの、 湿度の変化をグラフにしたもの コンクリートジャングルになった現代の東京では、 昔に比べて、湿度が低下しています ここ数年は上がっているようにも見えるけど、 それは観測場所が2014年からは、 大手町のビル群→公園に変わったためで、 都会のコンクリートジャングルでは、 昔よりもお肌への状況は悪くなっています 乾燥肌、肌荒れを予防するには、 肌に油膜を作って、保湿することが大切です これからの季節は、しっかり保湿を心がけてくださいね ■白飯4~5杯分くらい えのき=1袋(正味140g) たらこ=30g A.みりん=小さじ2 A.酒=小さじ1 A.醤油=小さじ1 ①-えのきは根元を切り落として3等分にカットし、ほぐす。 ②-耐熱容器にえのきを入れ、【A】をふりかける。※混ぜなくてOK。 ③-②は蓋を少し開けてして、レンジで2分加熱する。(600w) ④-③にたらこをほぐして入れて、混ぜる。