秋刀魚とごぼうの炊き込みご飯

材料(2〜3人分) さんま 2匹 ごぼう 150g 生姜 10g 米 2合 酒 大さじ2 みりん 大さじ1 醤油 小さじ1 だし汁 調味料と合せて2合分 塩 ひとつまみ 万能ねぎ 5g
作り方 【1】 〈下準備〉 ・さんまは頭と尾を落とし、内蔵を取り除く。塩をひとつまみ振る。 ・米は洗ってザルに上げておく。 【2】 さんまを両面焼き目がつく程度に焼く。 生姜は千切りにし、ごぼうはやや大き目のささがきにする。 万能ねぎは小口切りにする。 【3】 鍋に米、調味料と合わせて2合分(360cc)のだし汁を入れ、生姜、ごぼうをのせ、2のさんまをのせる。強火にかけ沸騰してきたら弱火にして10分炊く。 【4】 炊き上がったら火を止めて10分程蒸らし、さんまの身をほぐし、ざっくりと混ぜ、器に盛って万能ねぎをのせる。 きっかけ 毎年さんまの季節に作る炊き込みご飯に、ごぼうを入れてごぼうの香りと食感を加えました。 さんまとごぼう、生姜の香りが口に広がり冬のおいしさが楽しめます。少しだけと思ってももう少しもう少しと箸が止まらないおいしさです。 おいしくなるコツ 塩分は少なめに。さんまの脂と香ばしさ、ごぼうの風味、生姜の香りで薄味でも満足のいくおいしさです! さんまは焼きすぎないようほどよい焦げ目に焼きましょう。焼きすぎるとせっかくの脂がでてしまいぱさついてしまします。