魚嫌いでも食べられる♪柔らかタラの唐揚げ

材料(2人分) すけそうだら 一匹 醤油 適量 生姜 1欠 小麦粉 適量 ゴマ油 大さじ1 黄色パプリカ 1/2 ねぎ 少々 白胡麻 少々
作り方 【1】 すけそうだらの皮と骨を処理した後、食べやすい大きさに切り、塩を振ります。 【2】 すけそうだらを水洗いした後、お醤油と生姜に漬け込みます。 【3】 すけそうだらと生姜醤油をよく馴染ませた後、サランラップをかけて、20分ほど置いておきます。 【4】 つけ置きした、すけそうだらの両面に片栗粉をまぶします。 【5】 中火にかけたフライパンに、大めに胡麻油を入れ、小麦粉をまぶしたすけそうだらを焼いていきます。 【6】 中火のまま、両目をカリっと焼いていきます。 【7】 お皿に黄パプリカのスライス、ネギの輪切り、白胡麻と盛り付けて完成です。 きっかけ タラは脂肪分が少なく、お年寄りや胃腸の弱い方にも無理なく食べられるお魚です。繊維タンパクが大半を占めるためにほぐれやすく、加熱してもかたくならない消化の良い食材です。しかも、うまみ成分も豊富なため、淡白ながらとても美味しい魚です。 おいしくなるコツ タラは始めにバット等に並べて塩を振り、10分くらいおきます。塩を振ることで適度に水分が抜け、うま味と弾力が増します。 また、脱水効果により、魚の水分といっしょに生臭いにおい成分が取り除かれます。 骨と皮はしっかり取ってください☆