鶏チャーシュー

“料理人城二郎“というyoutubeチャンネルを運営するフレンチのシェフに教えていただいたレシピ、鶏チャーシューのご紹介です。しっとりとした鶏むね肉ととろとろの半熟卵が食欲をそそる一品です。ぜひご家庭でも作ってみてくださいね。 【材料】 4人前 鶏むね肉(2枚) 600g 塩(下味用) 3g 卵 5個 お湯(ゆで用) 適量 ----- 煮汁 ----- 長ねぎの青い部分 1本分 生姜 5g ニンニク 1片 水 1200ml (A)減塩しょうゆ 300ml (A)みりん 170ml (A)料理酒 170ml (A)砂糖 大さじ2 (A)はちみつ 30g シナモンスティック 1本 ----- ねぎ塩ダレ ----- 長ねぎ(白い部分) 1本 塩 ひとつまみ 砂糖 ひとつまみ ごま油 大さじ1 カイエンペッパー 適量 【手順】 長ねぎは根元を切り落とし、みじん切りにしておきます。 1. 鶏むね肉は筋、余分な脂を切り落とし、包丁の刃先を数ヶ所に刺します。両面に塩をふり、平皿にのせてラップを密着させ、冷蔵庫で20分程置きます。 2. ボウルにねぎ塩ダレの材料を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫に入れます。 3. 鍋に水、(A)を入れ、長ねぎの青い部分をちぎり入れます。生姜は皮をむいてすりおろして入れ、ニンニクはすりおろして入れます。シナモンスティックを入れて強火で加熱します。 4. 加熱している間に、卵の丸みのある部分に金串で穴を1ヶ所にあけます。お湯を沸騰させた別の鍋に入れ、5分30秒程ゆでます。 5. 3が沸騰したらアクを取り除き、中火で5分程加熱します。 6. 4を流水で冷やし、殻をむいて水気を切ります。 7. 1の水気をキッチンペーパーで拭き取ります。 8. 5の長ねぎに火が通ったら7を入れて弱火で15分程加熱し、火を止めて6を入れ、蓋をして15分程置きます。鶏むね肉に火が通ったら鶏むね肉、ゆで卵を取り出します。 9. フライパンに8の煮汁を250ml入れて強火で煮詰め、1/5量程になったら火から下ろします。 10. 8の鶏むね肉を1cm幅に切り、ゆで卵を縦半分に切ります。 11. 器に盛り付け、9、2をかけて完成です。 鶏むね肉にふる塩の量は、鶏むね肉の重さの0.5%を目安に使用してください。 生姜、ニンニクはすりおろし生姜、すりおろしニンニクでも代用いただけます。 カイエンペッパーの量は、お好みで量を調整してください。 ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、しっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。 こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。 食中毒の恐れがある為、中心温度75℃1分以上と同等の加熱時間を設けてください。大きさや厚さによって火の通りが変わってくるので加熱時間を調整してください。 今回は耐熱性のゴムべラを使用しています。ご使用のゴムベラよっては溶けてしまう恐れがあるので、耐熱性のものをご使用ください。 こちらのレシピの栄養素表示は、全ての材料の使用量、また分量が適量の場合は目安の分量で反映されております。実際の使用量により変動しますので、参考程度にご活用ください。