レーズン食パン @ ホシノ天然酵母 レシピ・作り方

材料(4~5人分) ホームベーカリー 1斤分 強力粉 ( 日清カメリア ) 300g スキムミルク 大さじ2 無塩バター 20g 三温糖 25g 塩 5g 水 180ml ホシノ天然酵母生種 (醗酵させたもの) 25g ドライレーズン 120g 製菓用ブランデー (漬け込み用) 大さじ2
作り方 [1] レーズンは ぬるま湯で丁寧に洗い、コーティングオイルやゴミを落とす。水切り後、ペーパータオルで水分をふきとる。レーズンを製菓用ブランデーに漬ける。 [2] できれば、一晩以上、漬けこむと風味が増して美味しいです。使用する30分前に冷蔵庫から出し、ペーパータオルで包み、水分をしっかり取り除いておく。 [3] 水をレンジの「お好み温度設定機能」を使い、30℃に温めておく。盛夏で室温が高いときは冷水でOK♪ [4] 羽根をセットしたホームベーカリーのパンケースにホシノ天然酵母生種 (醗酵させたもの)を入れる。ホシノ天然酵母生種は必ず、スプーン等でかき混ぜてから計量してください。 [5] ホシノ天然酵母の上に強力粉を山高になるように入れ、三温糖、塩、スキムミルク、無塩バターを入れ、パンケースを本体にセットする。 [6] 水を注ぎ入れ、本体の蓋を閉める。ホームベーカリーの天然酵母食パンメニュー、焼き色は「標準」を選択。 [7] ブランデー漬けレーズンはレーズンナッツ容器には入れずに「レーズン:選択」を押して「あり♪」を選択する。後でお知らせブザーが鳴ったら手動で投入する。 [8] スタートから約3時間30分後くらいに、ピッピッ♪とお知らせブザーが鳴るので、フタを開けてレーズンを入れる。フタを閉め、再度、スタートボタンを押し、焼き上げる。 [9] 焼きあがったら、パンケースから食パンを取り出し、ケーキクーラーに移して粗熱をとる。 [10] レーズンがたくさん入っているので、何もつけなくても甘くて美味しいです♪ [11] 使用しているホームベーカリーはパナソニックのSD-BMS104 (1斤タイプ)です。2012年製。 [12] ホームベーカリーの天然酵母コースは機種やメーカーによってセットの仕方など違いがありますので、仕様書をご確認下さい。 きっかけ 久しぶりにホシノ天然酵母のパンを作りたくなりました♪ おいしくなるコツ 普通の食パンより完成するまで長時間かかりますが、その分、美味しさと楽しみが増します♪ ちなみにパナソニックのHBは自動焼き上げで7時間くらいかかります。そのまま食べてもおいしいですが、軽くトーストしてもおいしいです♪