やみつき!香ばしよだれ鯵の千葉弁当

やみつき!香ばしよだれ鯵の千葉弁当 ______________ 千葉県のアジを使った、よだれ鶏ならぬ「よだれ鯵」!一度食べたらおかわりしたくなるくらい、白ごはんに合うやみつきな味わいです。タレには特産品のピーナッツを使い、コクのある香ばしさがたまらない仕上がりに。卵焼きには千葉県が生産量トップのほうれん草を使うことで彩りをアップ! 【材料】 2人前 ごはん            400g ----- よだれ鯵 ----- アジ(3枚おろし)       2尾 塩              ふたつまみ 黒こしょう          ふたつまみ 片栗粉            大さじ1 長ねぎ            1/4本 ピーナッツ(無塩・ロースト) 10g (A)しょうゆ          大さじ1 (A)酢             大さじ1 (A)鷹の爪輪切り        小さじ1 (A)ラー油           小さじ1 (A)すりおろしニンニク     小さじ1 ごま油            大さじ1 ----- ほうれん草の卵焼き ----- 卵(Mサイズ)         3個 ほうれん草           50g お湯(ゆで用)        1000ml 塩(ゆで用)         小さじ1 塩              ふたつまみ サラダ油           大さじ1/2 ----- 添え物 ----- 梅干し(種抜き)        2個 大葉              4枚 ミニトマト           2個 【手順】 大葉の軸は切り落としておきます。ミニトマトはヘタを取り除き、半分に切っておきます。 1. 【ほうれん草の卵焼き】鍋にお湯を沸かし、塩、ほうれん草を入れて1分ほどゆで、流水にさらし、よく水気を絞ります。キッチンペーパーで水気をよく拭き取り、根元を切り落として1cm幅に切ります。 2. ボウルに卵を入れて溶きほぐし、1、塩を加えて混ぜ合わせます。 3. 中火で熱した卵焼き器にサラダ油をひき、温まったら2を1/4量流し入れます。半熟状になったら奥から手前に向かって巻き、奥によせ、2を1/4量流し入れ、半熟状になったら奥から手前に向かって巻きます。同様に2回繰り返し、火が通ったら火から下ろします。粗熱が取れたら、6等分に切ります。 4. 【よだれ鯵】長ねぎ、ピーナッツはみじん切りにします。 5. バットにアジを並べて塩、黒こしょうをふり、ラップをして冷蔵庫で15分ほどおきます。キッチンペーパーで表面の水分を拭き取り、片栗粉をまんべんなくまぶします。 6. 中火で熱したフライパンにごま油をひき、5を入れて4分ほど、両面に焼き色がつき火が通るまで焼きます。(A)、4を入れて煮詰め、全体に味が絡んだら火から下ろします。 7. お弁当箱に、ごはん、3、6、添え物を盛り付けて完成です。 コツ・ポイント ・塩加減は、お好みで調整してください。 ・お弁当として持ち運ぶ際は食中毒に配慮し、衛生的な環境下で調理を行ってください。持ち運びの際は保冷剤をつけて冷蔵庫やなるべく涼しい場所に保管してください。加熱の必要があるものは必ずよく火を通し、しっかりと粗熱を取り、余分な汁気は切ってからお弁当に詰めてください。 #午後の紅茶 #午後ティー #47都道府県のお弁当 #47都道府県のお弁当 #千葉県のお弁当