トルコのイスケンデルケバブ風ひき肉料理

☪︎ 余ったパンを美味しくリメイク🍞🥖✨ トルコのイスケンデルケバブ風ひき肉料理🍽🇹🇷 《クイマル イスケンデル》 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 トルコはパン消費量世界一の国🥇なので、トルコ人は毎日毎日ものすごい量のパンを食べます🥖🥖当然ながら、焼き立てのパンに勝るものはないので、おのずと古いパンは余ることも多々💨 余ったパンの活用法としては、トルコ風のフレンチトーストにしたり、パン粉にしたり、鳥や動物の餌にしたりと様々。 今回は、そんな余ってしまったパンの活用法の一つをご紹介🌝 トルコ人の義姉が作っていた、ひき肉を使ったイスケンデルケバブ風の家庭料理です🧡🤎 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 《イスケンデルケバブ》とは、19世紀後半に、Bursa (ブルサ)という街の料理人だった、その名もイスケンデルさん👨🏻‍🍳が考案したケバブ料理の一つで、ピデというピタパンのようなパンの上に薄切りにした羊肉を乗せ、トマトソースと溶かしバターをたっぷり掛けた料理。ヨーグルトが添えられていたりします。かなりヘビー級な一皿ですが、コレがめちゃくちゃ美味しい😋 今ではトルコ中で食べられる料理ですが、本家は今もブルサにあります🏬 ✨ ブルサに行った際にはぜひ。 私も食べたことがありますが、美味しかったです✌🏻 では作り方いってみましょ〜 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 《材料》 余ったパン…写真はトルコのピデを使用してますが何でもOK(📸写真2枚目) 【ミートソース用】 牛ひき肉 200g 玉ねぎ 小1個 完熟トマト 1個 トマトペースト 大1…写真はトルコのサルチャ使用 オリーブオイルまたはサラダ油…写真はオリーブオイル使用 塩胡椒 ※トマト&トマトペーストの代わりにトマト缶でもOK🥫 【ヨーグルトソース用】 プレーンヨーグルト 2カップ ニンニク 3片くらい 【トマトソース用】 バター 大3 トマトペースト 大1 …写真はトルコのサルチャ使用 水 100〜200ml 塩胡椒 【飾り用】イタリアンパセリ 《作り方》作る順番は何からでも大丈夫です👍🏻 パンを準備します🍞🥖 一口大に切ったパンを、クッキングシートを敷いたオーブン天板に乗せて180度のオーブンで5〜10分くらい、お好みの硬さに焼きます(📸写真3枚目/4枚目) もしくは、フライパンにバターと一口大に切ったパン入れて炒めても美味しく出来ます。 ミートソースを準備します。 フライパンに油をひき、みじん切りした玉ねぎを入れて炒めます。玉ねぎが炒まってきたら、牛ひき肉を加えてさらに炒めます。 ひき肉が茶色くなってきたら、トマトペースト、皮を剥いて潰したトマト(写真は皮を剥いたトマトをフードチョッパーでピュレ状にして使用)、塩胡椒を加えてよく混ぜます。水分が足りないと感じる場合は少し水を足してください。 蓋をして弱火で少し煮たらミートソースの完成(📸写真5枚目) ヨーグルトソースを準備します🥣 プレーンヨーグルトにすりおろしたニンニクを加えて混ぜたら完成。 トマトソースを準備します🍅 小鍋でバターを溶かしたら、トマトペーストを加えてよく混ぜます。水と塩胡椒を加えて混ぜ、一煮立ちさせたら完成(📸写真6枚目) 加える水の量はパンの量に合わせて調整してください。 皿に焼いたパンを敷き詰め、トマトソースを全体にまんべんなくかけます(📸写真7枚目/8枚目) パンのカリカリした食感を楽しみたい場合はあまりソースを掛けすぎない方が◎ ソースがシミシミなパンをお好みの場合は、ソースをたっぷりめに掛けてください🥄🥄 トマトソースの上にヨーグルトソースを掛け、さらにミートソースを掛けて、刻んだイタリアンパセリ🌿を散らしたら完成🙌🏻(📸写真9枚目) ▶︎ミートソースの上から、さらに溶かしバターを掛けても◎ 写真は掛けていません。 ぜひお試しください🤗 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 ︎