豚白菜のピリ辛風つけうどん

豚と白菜のピリ辛ラーメン風つけうどん ▶︎体を温める、やる気アップ 季節を楽しく!美味しく!健康に! 気象予報士のお天気ママです 11/5金曜日の東京は晴れ 空気が冷んやり、凛としてて、 どこかお出かけしたくなるような陽気 とはいえ、「秋の日は釣瓶落とし」といわれるように、 秋が深まるにつれて、夕暮れが早くなりましたよね 2枚めの写真は、 東京の日中と夜の時間をグラフにしたもの 日中の時間は、 1番長い夏至の頃に比べると、 4時間半も短くなって、今日の日の入りは16:42です ちなみに、日中の時間が1番短いのは、 12月の終わりの冬至の頃なんだけど、 日の出との差もあって、 日暮れが1番早いのは11月後半〜12月上旬なんです 今しばらく、鶴瓶落としのように、 日が落ちる時期が続くので、 遅い帰宅の時は気をつけてくださいね さてさてきょうの料理 「ピリ辛ラメーン風のつけうどん」です 私的に、 白菜をピリ辛で炒めた具がのるラーメンが好きなんです じんわり汗をかきながら食べるのは美味しいですよね 豚肉と白菜を炒めて、 鶏がらスープと豆板醤で、ラーメン風スープを作って、 おうどんにしてみました ピリ辛でね、ほんのり甘くて、 体がポカポカする美味しいおうどんになりました ■豚肉は、パワーチャージ、 ■白菜は胃腸を整える効果 ■ニラ、唐辛子、ニンニクは体を温める作用 寒くなるこの時期に、おすすめのおうどんです ちなみにですが、漢方では、 汗をかくほど辛いものは、体を冷やす方に働きます 放熱量が高いもんね 秋冬に辛みを使う時は、 ぽかぽか温まる量で調整してくださいね ■2人分 冷凍うどん=2人分 豚こま肉=100g 白菜=1/8個(200g) ニラ=1/3束 ごま油=大さじ1 A.水=500ml A.顆粒鶏がらスープ=大さじ1と1/2 A.みりん=大さじ1と1/2 A.醤油=大さじ1/2 A.豆板醤=小さじ1 A.おろしにんにく(チューブ)=小さじ1/2 A.こしょう=3ふり ①-冷凍うどんは、水にくぐらせ耐熱皿に置き、ラップをしてレンジで8分加熱する。(600w) ②-豚こま肉は3cm幅、白菜は2cm幅くらいで食べやすく、ニラは5cmの長さに切る。 ③-フライパンを温めごま油をひき、豚こま肉と白菜を入れて軽く炒める。※豚肉の色が変わるくらいまで。 ④-③に【A】、ニラを入れて温め、ひと煮立ちささせる。 ⑤-④を器に入れる。※うどんをつけて食べるので少し大きめの器。 ※ぶっかけにしてもおいしいです。 ※豆板醤やにんにくの量はお好みで調整してください。にんにくはたくさん入れるとよりラーメン屋さんぽくなります。