プチ桜もち・おはぎ・ゆかりあんおはぎ

材料(約10人分) ※道明寺粉(乾燥) 180 ※砂糖 50g ※水 260g ■桜もち 道明寺粉(戻したもの) 180g 食紅 少々 水 少量 こしあん(市販) 84g 桜葉の塩漬け 3枚 ■ゆかりあんおはぎ 道明寺粉(戻したもの) 180g こしあん(市販) 84g ゆかり 1g すり胡麻(白) 30g ■おはぎ こしあん 180g 道明寺粉(戻したもの) 84g ■手水 水 40g さとう 40g
春に映える和菓子を作りました。桜もちやおはぎは家庭でも比較的作りやすいと思います。 作り方 [1] ボールに※道明寺粉180gに※砂糖50gと※水260gを入れて10分間浸水した後に電子レンジに600Wで約6分かけます。 [2] ①のレンジにかけた道明寺粉から180gを取って食紅を少量の水で溶いて混ぜてピンク色にします。 [3] 桜葉の塩漬けは水に約20分漬けて塩を抜いて、キッチンペーパーで水分を拭いて、1枚を4等分します。(固い葉脈は捨てます) [4] ゆかりあんはこしあん84gにゆかりを1g入れて良く混ぜておきます。 [5] あんはバットなどに上からおはぎ用のあんこ15g×12個ゆかりあん7g×12個桜餅のあん7g×12個に分けます。 [6] おはぎ用の道明寺粉を7g×12個。ゆかりあんの道明寺粉を15g×12個。桜もちの道明寺粉を15g×12個に分けます [7] ■手水の水とさとうを混ぜた手水を手につけて(バットにセットした上から)おはぎはこしあんで道明寺粉を包みます。 [8] ゆかりあんおはぎは、こしあんを道明寺粉で包んで、その上に白ごまを付けます。(白ごまの上を転がして全体につける。) [9] 桜もちはピンクの道明寺粉であんを包みます。上に③の桜の葉を巻いたら出来上がりです。 ■コツ・ポイント 手順⑤⑥はバットに各12個が並ばないので8個になっていますが、実際は各12個作っています。あんこや道明寺粉を分ける時は、計りできっちりと計量するほうが作りやすいです。 ■このレシピの生い立ち いろんな和菓子を食べたいので同じような材料で桜もち・おはぎ・ゆかりあんのプチおはぎを作りました。材料の種類は少ないですが、手順が多いので動画の方が分かりやすいと思います。https://youtu.be/CtvbcBu1he0