トルコの米ナスを使ったケバブ

☪︎ ボリューム満点💯 トルコの米ナスを使ったケバブ🍆🇹🇷 《サクス ケバブ》 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 トルコ料理にはナス好きさんにはたまらないナス料理がた〜くさんあるんですが、その中の一つが今回の料理です🍆🍆 直訳すると ‘植木鉢ケバブ’ という名の、米ナスを植木鉢のようにくり抜いて作る料理🪴 米ナスはトルコでは ‘ボスタン ナス’ と呼ばれているため、《ボスタンケバブ》とも言われたりします🍽✨ ※ ‘ケバブ’ とはトルコの焼肉料理の総称です🥙←日本でお馴染みのコレもケバブ。 この料理、本来は小さめの牛角切り肉で作ったりするんですが、今回は幼い子供たちも食べやすいように、牛ひき肉で作ってみました👩🏻‍🍳 他にも、小さく切った鶏肉を使ったり、上にベシャメルソースやピザ用チーズを乗せて焼いても◎です👍🏻 揚げたり、炒めたり、焼いたりと、多少手間はかかりますが、トロトロのナスとトマトで煮込んだお肉がとっても美味しい一品。 トルコでは、塩バターで炊いた塩味が付いたご飯を添えて食べたりしますが、日本の白ご飯とも合うと思います🍚✨ では作り方です。 バレる前に言っちゃいますが、以前紹介した《カルヌヤルク》と材料も作り方もほぼ同じです🙈 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 《材料》 米ナス 2個 牛ひき肉 250g 玉ねぎ 小1個 ニンニク 3片 ピーマン 1/2個〜1個 (しし唐や青唐辛子でも◎) 赤ピーマン 1/2個 (なくても大丈夫です) 完熟トマト 1個 トマトペースト 大1/2 塩胡椒 オリーブオイル (またはサラダ油) 【焼く時に使うソース用】 水 1カップ トマトペースト 大1 ▶︎トマトとトマトペーストの代わりに市販のトマト缶でも代用可能だと思います🥫✨ 《作り方》 まずナスです。 米ナスの両端を切り落とし、ピーラーで縦じま模様になるように皮を剥き、ナスを半分に切ります。 ナイフやスプーンを使って、ナスが壺状になるように中身をくり抜き、塩水に数分浸けてから、水気をよく拭き取ります。(📸写真4枚目/5枚目) 油で揚げます。油はねしないので安心してください👍🏻(📸写真6枚目) たまにナスを回転させながら、表面にうっすらと焦げ目がつくくらいまでじっくり揚げて取り出します。 ※後からオーブンで焼くので、ナスに完全に火が通らなくても大丈夫です。 次に中に詰める具材です。 フライパンにオリーブオイル(またはサラダ油)をひき、みじん切りした玉ねぎを炒めます。 炒まったら、ひき肉を加えて炒めます。 肉の色が変わってきたら、刻んだニンニクとみじん切りしたピーマンも加えて炒めます。 皮を剥いて細かく切ったトマトとトマトペーストを加え、塩胡椒を加えて、しばらく炒めます。トマトから出る水分で煮る感じです。 トマトが煮えて水分がなくなってきたら具材の完成。(📸写真7枚目) ※塩加減は少ししょっぱいかな!?🙄ってくらいだと食べた時に丁度いいです。 耐熱容器に揚げたナスを置き、くり抜いた部分に炒めた肉を詰めます。(📸写真8枚目) このまま焼いてもいいですが、上にスライスしたトマトを乗せると、肉の表面の焼き過ぎを防げます。 トマトペーストを水で溶き、上からかけます。(📸写真9枚目) 180度のオーブンで約30分焼いたら完成です🙌🏻(📸写真10枚目) ▶︎オーブンではなく、鍋にナスとソースを入れて煮ても作ることが可能です。 ▶︎くり抜いたナスも塩水に浸してから他の料理に活用してください。我が家では今回は子供たちのスパゲッティに使いました🍝 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 手間はかかりますが、とっても美味しいので、ぜひぜひ召し上がっていただきたい一品です🍽✨ ぜひお試しください🤗 𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 𓅮𓈒𓏸𓐍 𓆸𓈒𓏸𓐍 ☪︎𓈒𓏸𓐍 ︎