マカロンの作り方 のよくある質問

ゲスト
ゲスト
半分の量を作りたいのですが、分量はどうしたら良いですか?
kurashiru
kurashiru
半量(8個分)作る場合の材料はレシピの半量が目安となりますが、マカロンは非常に繊細なお菓子のため、レシピ通りに材料を用意することをおすすめいたします。分量を変更するとマカロナージュの見極めが難しくなり、失敗のリスクが高まる可能性がございます。マカロンをきれいに仕上げるためにもレシピ通りの分量で作ることをご検討くださいね。おいしく仕上がりますように。
ゲスト
ゲスト
5の絞り出しの工程は、厚さ何センチほどに絞り出しますか?
kurashiru
kurashiru
手順5では直径3cm、厚さ5~8mmが目安となります。マカロナージュの状態によっても厚さに多少差が生じますので、直径をご参考にしてみてくださいね。素敵に仕上がりますように。
ゲスト
ゲスト
丸口金は何ミリのものを使っていますか?
kurashiru
kurashiru
丸口金は直径約10mmのものを使用しております。ご参考になりますと幸いです。
ゲスト
ゲスト
卵白はグラムでいうとだいたいどのくらいですか?
kurashiru
kurashiru
卵白は60gを目安にご用意くださいね。おいしく作れますように。
ゲスト
ゲスト
アーモンドダイスはアーモンドパウダーの代わりになりますか
kurashiru
kurashiru
アーモンドプードルやアーモンドパウダーはマカロンの食感や風味のポイントとなる食材のためアーモンドダイスなど他のもので代用せずに、レシピ通りに用意することをおすすめいたします。ぜひ材料をそろえてお試しくださいね。
ゲスト
ゲスト
30個作る時はこの材料の2倍でいいんですか?
kurashiru
kurashiru
30個分の分量はレシピの2倍が目安ですが、マカロンは非常に繊細なお菓子のため、分量を変更すると失敗のリスクが高まる可能性がございます。きれいに仕上げるためにも、レシピ通りの分量で分けて作ることをおすすめいたします。ぜひお試しくださいね。
ゲスト
ゲスト
1個の大きさを大きくしても大丈夫ですか?また、焼く時の温度や時間は変わりませんか?
kurashiru
kurashiru
サイズを大きめに絞り出すこともできます。その際も記載の温度や時間を目安に焼き上げることをおすすめいたします。ご使用になるオーブンの機種によって火力に差が生じますので、様子を確認しながら焼き時間をご調整くださいね。おいしく仕上がりますように。
ゲスト
ゲスト
おからを使用して作ろうと思ってるのですが、作ることは可能でしょうか?
kurashiru
kurashiru
こちらのレシピでおからを使用することは難しいです。マカロンはとても繊細なお菓子のため、材料は変更せずにレシピ通りお試しくださいね。
トモミ
トモミ
マカロナージュがドロドロしていてさらさら落ちていきません。マカロナージュがまだ足りていないのでしょうか?
kurashiru
kurashiru
お作りいただきありがとうございます。コーンスターチ入りの粉糖やアーモンドプードルを使用した場合は、マカロナージュをした際に生地がなめらかに仕上がりにくいです。また、マカロナージュに時間がかかりすぎてしまうと乾燥が進み、生地がボソボソとした状態につながる原因となります。マカロナージュはヘラの面を使ってボウルの側面に押し付けるように伸ばす作業を数回繰り返し手早く行ってくださいね。マカロナージュは生地をすくって落としたあとがゆっくりと消えていくくらいがマカロナージュを終える目安です。最適なマカロナージュが出来れば絞り出した時に角が自然と消え、何もしなくてもきれいな円形に広がります。なお、マカロナージュし過ぎた生地は元に戻せないため、動画の生地のかたさを参考に慎重にマカロナージュをしていただくことをおすすめします。ぜひ再挑戦していただけますと幸いです。
ゲスト
ゲスト
ビターチョコレートはホワイトチョコレートでも出来ますか??
kurashiru
kurashiru
ガナッシュのビターチョコレートをホワイトチョコレートにしても作ることができます。お好みで生クリームを減らしてかたさをご調整くださいね。
ゆち
ゆち
家にグラニュー糖が沢山あるんですが、粉糖の代わりにグラニュー糖使うのはダメですか?
kurashiru
kurashiru
マカロンは繊細なお菓子のため、粉類の粉糖をグラニュー糖で代用すると食感が変わったり、きれいに仕上がらない可能性がございます。レシピ通りに材料をご用意の上お試しいただけますと幸いです。
ゲスト
ゲスト
焼き終わってちょっと剥がしてみたらまだ中が生地っぽいのですが。どうしたらいいですか?(外は完璧です)
kurashiru
kurashiru
お作りいただきありがとうございます。外側がしっかりと焼けている場合は中が飴状に仕上がった可能性がございます。メレンゲの泡立て不足やマカロナージュのし過ぎ、加熱温度が高いと中身が粘り気のある飴状になりやすくなります。また、マカロンは焼き上がったら天板にのせた状態で粗熱を取っていただくことをおすすめします。温かい状態で取ると底がクッキングシートにはりつき、きれいにはがれにくくなる原因につながりやすいです。天板の上に置くことで余熱で火が通り、きれいにはがれますので、10~20分程度置いてから取ってくださいね。ご参考になりますと幸いです。
ʕ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʔ
うまく生地ができなくてべちゃべちゃしてるのですがどうすれば良いですか?
kurashiru
kurashiru
お作りいただきありがとうございます。加熱の際にマカロン生地が膨らまない場合、メレンゲの泡だて不足、マカロナージュのしすぎ、乾燥不足の可能性がございます。メレンゲはツノが立つまでしっかりと泡立て、マカロナージュはゴムベラですくった際に生地がリボン状に流れ落ち、表面に艶がではじめる状態を目安にしてくださいね。マカロンは少々難易度の高いお菓子ですがまたお試しいただけましたら幸いです。次回は大成功となりますように。