生クリームだけでとろける! ふわふわフォンダンショコラ風マフィン レシピ・作り方

「生クリームだけでとろける! ふわふわフォンダンショコラ風マフィン」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

バレンタインにぴったり!生地はふわふわ、中からとろ〜っとガナッシュがとろける、フォンダンショコラ風マフィンです。湯せん不要、電子レンジで溶かせるチョコレートと、混ぜ合わせた状態のチョコレートマフィン生地で、簡単にふわふわのマフィンが焼けちゃいます。キッチンや器具を無駄に汚すことがないので後片付けも楽々。大切な人に、いつもお世話になってる方に、ぜひとっておきの手作りスイーツをプレゼントしてみてくださいね。

調理時間:90分

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(8個分)

  • チョコレートマフィン生地 1パック
  • レンジで溶かせるチョコレート 1パック
  • 生クリーム (★自宅用意) 60g
  • オレンジスライス 1パック
  • マフィンカップ 8個
  • 粉糖 (★自宅用意 お好みで) 適量
  • チャービル (★自宅用意 お好みで) 適量

作り方

  1. 準備. チョコレートマフィン生地、レンジで溶かせるチョコレートは室温に30分ほど出して、常温状態に戻します。もしくは流水に10分あてて常温状態に戻します。
  2. 1. 常温状態に戻したレンジで溶かせるチョコレートの袋を開け、600W1分10秒加熱します。溶けるまで袋の表記通り追加加熱し、しっかりと溶かします。(一気に加熱すると焦げる可能性がありますので、袋の表記に従い、様子を見ながら溶かしてください。)
  3. 2. チョコレートがとけたらボウルにあけ、混ぜながら生クリームを入れ、ガナッシュを作ります。(この時の生クリームは冷蔵庫から出してすぐの冷たい生クリームでOK。オレンジが余った場合は刻んでガナッシュに入れると風味がアップ。)
  4. 3. 表面がにごり、もったりとしてきたらラップを敷いたバットの上に、冷凍庫で15分冷やします。冷えたら8等分に分けます。(約20gずつ、大さじ1ずつ)
  5. 4. マフィンカップにチョコレートマフィンの生地を20g入れ、スプーンなどで伸ばします。ガナッシュを入れ、上からかぶせるようにマフィン生地を60g入れ、竹串などで表面をならします。(表面をならすことで焼き上がりの表面が綺麗です。この時ガナッシュを突き刺さないように気をつける。)
  6. 5. 190℃に予熱したオーブンで15〜20分、表面が乾くまで焼きます。(オーブンによって調整。表面に膜が張ったような感じがでればOK)
  7. 6. 表面に膜が張ったような感じに焼けたら、一度取り出し、15分休ませます。(一気に加熱すると中のガナッシュが溢れ出してしまいます。出した際しぼみますが失敗ではありません。)再度オーブンを190℃に予熱します。
  8. 7. 中心に冷凍状態のオレンジスライスを差し込み、190℃で15分焼きます。(中のガナッシュが溢れても失敗ではありませんが、溢れさせたくない人は様子をしっかりとみてください。)
  9. 8. 焼けたら取り出し、触れる熱さになったら紙カップを破いてお皿に盛り付け、お好みで粉糖やチャービルを添えて完成です。

料理のコツ・ポイント

これは「クラシルミールキット」を使ったレシピです。下記販売サイトからご購入いただけます。 (※一部地域を除きますので、販売サイトにてご確認ください。) クラシルミールキット販売サイト https://mealkit.kurashiru.com 商品についてのお問い合わせは、 クラシルミールキットカスタマーサポート support_mealkit@kurashiru.com までお問い合わせください。 【コツ・ポイント】 生地を入れすぎると焼いている間に溢れてしまいます。添付のカップ1つにつき生地80g、ガナッシュ20g を目安にしてください。 一気に焼き上げるとガナッシュが溢れやすいです。2回に分けて焼き、様子を確認しながら焼いてください。 生クリームは動物性、植物性どちらでもご使用いただけます。牛乳はガナッシュの固まり具合が弱くなってしまい、上手く仕上がらない可能性がありますのでおやめください。 【必要な調理器具】 オーブン・包丁・ボウル・スプーン・バット・ラップ・竹串・はかり 【アレンジレシピ】 【ご注意】 ・解凍時間は気温や水温、電子レンジの機種などによって前後する場合がございますので、状態に合わせてご調整ください。 ・調理時間は目安です。解凍時間は含みません。 ・オーブンは必ず予熱を完了させてから焼いてください。 ・予熱機能のないオーブンの場合は温度を設定し10分加熱を行った後、焼き始めてください。 ・ご使用のオーブンの機種や使用年数等により、火力に誤差が生じる事があります。焼き時間は目安にし、必ず調整を行ってください。 ・記載の火加減は目安となります。ご家庭の調理器具に合わせて火加減をご調整下さい。 ・一度解凍した食材を再度冷凍すると品質が変化する可能性がありますのでおやめください。 ・お召し上がりになる際は食材の中心までしっかり火を通してお召し上がりください。 ・解凍した食材はお早めにご使用頂き、調理後はお早めにお召し上がりください。 ・調理の際はやけどにご注意ください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ