クラシル

@wassanchino_gohan ◁他のお

いいね
保存

@wassanchino_gohan ◁他のお手軽無添加レシピはこちら 基本の豚汁、染み渡るおいしさの秘訣は3つ。 ❶具材をしっかり炒め煮する ❷豚肉は具の最後に入れる ❸味噌は2回に分けて入れる 素材の旨みを最大限に活かすので、出汁いらずでもしっかり美味しい✨ 日本料理家のうすいはなこ先生( @hana_usui )直伝の豚汁です。 -材料- ※各ご家庭の好きな食材、量使ってね ・水または昆布水:1〜1.2L ・お味噌:80〜100g ・豚バラ肉:150〜200g ・こんにゃく:1/2〜1枚 ・にんじん:小さめ1本 ・大根:5cm分くらい(にんじんより多く) ・油揚げ:1/2〜1枚 ・長ネギ:1/2〜1本 ・ごぼう:1/3〜1/2本 -—↑我が家の豚汁スタメン—— ・椎茸などのきのこ ・れんこんなど ・里芋やさつまいも -おいしくなる下準備(ひと手間)- ・こんにゃく:手でちぎりゆがいておく  →臭み取り&味を染み込みやすく ・油揚げ:1分ほど熱湯で茹で油抜き  →酸化した油を取り除く&味を染み込みやすく ・豚バラ:繊維に沿って切る  →肉が縮みづらいので旨みが外に出づらく ・ごぼう:土をしっかり洗い水にさらしてアク抜き  →土臭さやごぼう臭さの軽減 ・里芋:皮を剥いたあと塩でぬめり取り  →ぬめりで煮た時にアクすごい出るの防ぐ -手順- 鍋に油(大さじ1〜2)を入れしっかりと温めたら、火の通りにくい具材から順番に炒める  ↓ 豚肉以外の食材全体に油がしっかり回ったら豚肉を入れ野菜の蒸気で軽く蒸らし、ざっくり炒める  ↓ 水または昆布水を加え、味噌を半量加えグツグツと野菜が好みの固さになるまで煮る  ↓ 食べる直前に残りの味噌も加えおしまい   -ポイント- ・豚は最初に炒めてしまうとチリチリに旨みが外に出すぎてしまうよ。豚の脂の甘みも活かすにはあと入れがおすすめ🥰 ・炒め煮をすることで煮る時間が少なくても火が通りやすく、素材の旨みを中にも外にもいい塩梅に。 ・油が回って炒めた目安は、具材を触ったときにアッチッチてなるくらい。 ・煮る時に入れる味噌は味染み用、煮えばなを楽しむのは直前に入れるとおいしいよ ▶︎炒め煮って何? 食材の余分な水分が抜けて旨みが凝縮し、さらに調味料や出汁が染み込みやすくする調理法だよ ▶︎油でコーティングされるとなぜいいの? ・素材の旨みは水溶性。油には溶けないので、素材のおいしさが外にですぎるのを防ぐ。 ・火にかけることで壊れやすくなる食材の壁(細胞壁)。コーティングによりやわやわになりすぎるのを防ぐ。 豚汁って体に染み渡るおいしさだよね。 食べてくれる人がみんな褒めてくれる豚汁… これからの時期さらにおいしいね🥰 -——————————————— 簡単無添加ごはんを投稿しています🍚 わっさん家のゆいこです ▶︎ @wassanchino_gohan ↑タップしてフォローしてね 素材の旨みを引き出して 家族みんなでおいしいごはん🍚 おいしさの理由を知ると、 もっと料理が楽に、楽しくなるかも… おいしいの日常に少しでもお役に立てると嬉しいです🥰 いいねやコメント、作ったよーなど反応、浮き足立って喜んじゃうよ🥺❤️ 料理の基礎や理論、実践的に学んでいます。 日々の料理の疑問・質問もお気軽にくださいね🫶 -——————————————— #豚汁 #料理のコツ #料理の基本 #家庭料理 #家族ごはん #無添加 #ゆる無添加 #無添加レシピ #無添加ごはん

コメント (0件)

コメントがまだありません